その後の燕さん!

水曜日の午前中にツバメの巣が多分ですが、カラスにやられて卵は落ちていた・・・その後のツバメサン!
<来るはずがない・・>と思い込んでいた私には不思議な事が^^^

その日の夜に一羽のツバメが巣に戻ってきました。
私の推測では多分<雄のツバメ>だと思う。
壊れかけた巣の端にチョコット留まって眠っているから~雄だと思う。
f0181394_14581597.jpg

これが落ちていたツバメの羽、たくさんたくさん落ちていたので、卵を温めている雌がやられたんだと思いました。カラスに食べたれたのかもしれない。
多分、雄は餌でも取りに行っていたんだと思う。
帰ると、雌も卵もない・・・でも納得できないのか、水曜日も木曜日も金曜日も昼も夜も帰ってきました。
木曜日は2匹のツベメが一緒でした。
「ピーピッ」何度も泣きながら巣にもう一匹のツバメを誘いますが、もう一匹のツベメは嫌がって巣に戻りかけては飛びたってしまいました。

雄のツベメは電線に止まり、毎朝、毎昼、「ピーピッ」と鳴いて雌を呼んでいるようでした。
<あんた、ひとりなん、一人では巣は作れんよ><諦めるまで鳴き続けるんかなぁ~~>と私も落ち込んでしまいました。

土曜日も同じ事を繰り返して一人で飛んで行きました。
<やっぱり、だめなんやなぁ>と思いながら毎朝、毎昼、毎晩私は空を見上げます。
口笛を吹いて、ツベメさんと話す。

今日、土曜に「キュウリの苗とオルガノの苗」を買って久しぶりに植え込みをしていると^^^燕さんが飛んできた。
<ごめんね、すぐに終わるから~>と声をかける。

電線に留まっているツベメさん!

植え込みが終わりふっと電線と逆の方を見上げると、な、なんと^^もう一匹、ツバメがいた。
私の頭の上を飛んできて巣の中にすっぽり入る・・・雌だ!!巣の入り方が違う。

でも、少し壊れている巣・・・<あんた達直さんの?><それとも、まだ卵が残っているのか>
気丈夫に帰ってきたツベメたち^^^

今日は天気も良いが、何よりもツベメさんが元気なのが嬉しい!

人間の世界だけかなぁ?「自分の子を殺すなんて」

自分だけを大切にする・・・利己的な人間が増えてきたんだ。

ツベメさんが「命の大切さ」「生きる事の大切さ」を教えてくれている。

これからのカラス対策を考えたいが、彼らは野生・・・人の手を嫌がる。

ーーーーー心配だなぁーーーー
[PR]

by yukiwaa | 2013-04-28 15:17 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/19295945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]