色は違えど、桜染めですよ!

「桜の枝」を見つけた。
勿論、染めよう~~勿論、織ろう~~「あれが良いか?これにしようかと」と以前から気に留めていた「織りかた」に挑戦しようかと^^^勿論分からない所があるので、先生に指導を受けることに。

f0181394_1511464.jpg


グツグツッグツッグツッ煮る事、沸騰してから30分、もう少し煮つめて、だいぶ水が減ってから、布で漉す。
漉した液に少し水を入れて温度を下げる。

お湯に30分は漬けておいた精錬済みのタッサーシルクとベトナム節糸を水を少し足し温度を下げた染め液
につけて、沸騰させる、沸騰してから30分クルクル廻しながら(色むらが出ないように)つけておく。
f0181394_15174421.jpg

初めはこんな色。

桜はナカナカ桜色には染まらない。
こんなに蕾をつけた桜で、時期も良いのに^^やっぱり最初は黄色がでて、オレンジが出るのが多いらしい。
<残念~~>でもこれで行こう~と染めることに・・。
一度、絞ってミョウバンで媒染する。媒染液に漬ける事2、30分。
水で洗い、もう一度、染液でそめる。
勿論新しい染液です。一度目と同じように水を入れて温度を下げてから糸を入れる。
糸を入れて沸騰させてから30分染液に漬ける・・クルクル廻しながら、(ムラガ出ない様に)
f0181394_15195992.jpg

媒染後に二度目の染めでだいぶ濃くなりました。
このまま冷めるまで漬けておくほうが良いのですが^^^
「勿論来週も来て最後の染めをします~~お願いします」と先生にお頼みして預ける事になる。

一つはミョウバンでもう一度媒染して終了。もう一つはミョウバン媒染したのを染液につけて、最後に
鉄媒染を軽くして色を変えることにした。

疲れて疲れて帰りその日の夕飯は「しゃぶしゃぶ」鍋にしました。
次の日は
京大へ「抜糸」です。「異常なし」とはっきりと結果がでました。
診察して抜糸・・・410円でした。これでも以前よりは倍のお値段になっているのですが(3割負担です)・・・でも「安いよねっ」
薬は全て院外・・・これも足の塗り薬と手の塗り薬を貰って・・・890円・・・安い余ね・・有難い!
TPPでこの様なみんながある程度、平等に病院で見て頂ける事が変わらないように、祈るだけです。
日本が日本でなくならないように、交渉してほしい!!
f0181394_15364285.jpg

京大外来・・・吹き抜けになってます。
f0181394_15372233.jpg

又、何か建ちます・・・京大の駐車所でした。今は奥の旧病棟の方にできてます。

「わたしの仕事館」2年前から「無料譲渡」を願ってきた京都府に今年譲渡が決定しました。
京大とも連携して環境・医療分野・バイオ・勿論,IPSの研究拠点にもなるそうです。
京大の周りは色んな国際的な研究機関があります。
「日本ってすごいんだなぁ」と思わされるのと、これが医療に生かされたらどれだけの人が喜ぶだろうか~~
人の役に経つように考えてくれる「山中教授」~~偉いよなぁと何だか心が嬉しくなります。

f0181394_1544433.jpg

あなた達もしっかり考えてや!

f0181394_15451586.jpg


f0181394_15452740.jpg

桜満開!

きっと、よくなる・・きっと良くなる。
[PR]

by yukiwaa | 2013-04-02 15:47 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

Commented by at 2013-04-04 02:42 x
ズ〜〜〜っと昔、山桜で染めました。そん時は鉄媒染。
懐かしいです。いいなぁ、
Commented by yukiwaa at 2013-04-09 15:39
こんにちわ。
桜って、難しいですね。
性質、樹齢、環境、その桜の素直さ・・・色々な要素で色が出ますが、特に桜は気難しい^^^黄色みが最初に出て、オレンジになる。
たまに、きれいな「桜色」に出て、喜んで濃くしようと同じ桜の枝なのに、色が違う・・・と言う事もあるそうです。
如何にか納得する以外ないですね。