茜採りへ行きました。

滋賀県の永源寺あたりへ行きました。草津から車で2時間位かかりました。
東近江です。
湖東三山と永源寺として有名です。

永源寺には今回は行かず、その手前あたりで日本茜を探します。
秋には「紅葉」を見に行きたい湖東三山ですが今回は「日本茜採り」です。

f0181394_210885.jpg

これが「茜」です。根を染料に使います。
f0181394_2104670.jpg

少し、湿った土の中に大きな石ころや他の植物の根に絡み、ナカナカ此処までたどり着くのに、慣れるまで
根が短く切れたのですが、慣れると「筍を掘る要領」もプラスして掘ると、横に繋がり根が生えているので、大きな太い根が取れました。
大きな太い根が取れたときは「嬉しくて~~」腰が痛いのも忘れる始末です。
f0181394_2133827.jpg

皆、一生懸命掘ってます。
ナカナカ色々な行事に参加できない「わたし」ですが、先生が「月曜日」にしてくださり、皆と行く事ができました。(嬉)

こんな場所で時間を気にせずゆっくり出来るのは~~~命の洗濯です。
f0181394_2161816.jpg

帰りに「池田牧場」へ、ゼラードと絞りたて牛乳を飲みました。
帰りにもう1軒、「ヒトミワイナリー」へ寄りました。
f0181394_2118794.jpg

私も買いました。
巨峰ですが、「イチゴのような味」だとワイン職人さんから聞きました。
飲めないので、甘口にしましたが、他にも辛口のワインもあり、美味しそうでした。
f0181394_2120032.jpg

クリスマスローズが自生してました。

茜の根があんなに大きな石ころや他の雑草や木の切れ端などと共存して根を這っているのを見て、東北の瓦礫に思いをめぐらした。
『「震災で出来たがれきを土と混ぜて土盛りし、土塁をつくりそこに常緑広葉樹を植えれば立派な防災林の堤防をつくることができる。木質系がれきは土とまぜれば自然に分解するし、そこに樹木の根が張っていけば土盛りした土も固まる。そのような常緑広葉樹によるグリーンベルトの堤防を宮城県から岩手県の海岸線に帯のようにつくれば立派な観光地ににもなる』<ネットよりお借りしました>
この様な事を語られていた学者さんがおられた。
なるほど、常緑広葉樹は根を深くはり水を吸い、コンクリートがあろうが根をはるんだ。土をもり大きくすればかさあげにもなるらしい・・・植物の生命力に期待したい・・・そんな気がした。

楽しい「茜とり」でした。1週間ほど干してから染料として使いますが、マダマダです。

私の課題は先生から「教えられる事」をどの様な糸でどの様なかたちにして織りを進めるか・・・です。着物を織らない私には大きな課題でしたが、
今日、少しだけ、気持ちを話せました。
[PR]

by yukiwaa | 2012-04-30 21:15 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/17486987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takoome at 2012-05-01 15:45
サワディ〜カ〜
ええ時間、また、過ごしたんやね、
こっちも負けず劣らず頑張ってます。
Commented by yukiwaa at 2012-05-02 13:49
蛸さん!こんにちわ。
確かに良い時間ですが^^^私は着物を織らないので、「醜いアヒルの子かい?」と少しひがみも出てきます。(後に白鳥にはならないアヒルですが^^)
でも先生の織りに対しての姿勢は着物でなくて教えられるものは教える・・だと思うのですが、やはり手間ではないでしょうか?と気を使います。それで、先生の織りの技術を少しでも私の織りの範囲で教えてもらいやすく考えました。
絹糸を染めると・・・私は絹のショール。
絣をするなら、私は沖縄のミンサー織りでテーブルセンターや暖簾やカバン(出来ればショルダーにしたい)勿論、綿糸です。
それにデザインして図面を書き、織る・・という作業がしたいので、「昼夜織り」をしようと考えていたのですが、私の場合は身近に使えるものが良いので、店の短めで、4枚で一つの間仕切り暖簾にしようかと思います。4枚なので裏・表・裏・表と出ます。
最初なので経糸の色は2色ぐらいでやると・・楽かなぁ~~と。
これで今年1年は終わりそうです、時間があれば、マットをもう1枚^^^と心密かに考えています。
今年は頑張る年にできるかなぁ?