若者の生活の厳しさは・・

若い子の仕事事情が厳しくなっていて、本物の「安定」をひとりの力で手に入れるのに、すごい努力がいります。
周りの若い子をみていても、ちょっとの違いの給与体系などが違う。

大きな病院などは医療事務のような仕事でも全て外注にだすので、雇われる子は派遣社員になります。
基本給与は9万円位だそうです(看護師をされていたその子のお母さんから聞いた話です)
後は、残業・残業で稼ぐそうです。
結婚まで二の足を踏むと・・いう。

もう一人の同じ医療事務で働いている子は、「直接雇用」なので、全ての保険もつき、出産休みをとっても、「給与」が出ます・・・ボーナスも出ます・・・1年ですが、有難い状況です。

同じ仕事なのに、扱われ方の違う事・・・京都市や府で経営している病院の方が「業務委託」です。

国も地方も予算がないので、こうなるんでしょうか?

現場監督をしている、ある人の話ですが、公共事業を引く受けても、あとで追加工事がでると、予算がナカナカ下りないらしいのです、下りないと、全ての仕事を中断せざるをえず、働いている人にも給与が遅れる状況になるらしいです。
なぜ、追加工事が出やすいかと言うと、最初から必要な「図面」の数が減らされているからなのです。
昔と比べると図面の数はすごく減っているらしいのです。

これも、節約の予算しかつかない国や地方の状況でしょうか?
兵庫県の方ですが、無理してでも、関東方面に仕事に行くと言ってました。
その方が「給与」が良いと・・・

家に帰ってから、下の息子に聞いてみた。「関東のほうが料金がいいからと行く人もいるみたいだけど、あんたとこは如何なん」・・と。
下の息子は「水道設備の仕事」をしています。彼も現場を任せられるので聞いてみたのですが、「京都というところが、けったいなんか知らんけど、あまり外に仕事にいかんし、外からも人をあまりいれへんねん。大阪あたりの人、たまに来るけど。俺も、あんまり行きたないわ」・・・と。

主人の顔をみたら、「やっぱり」という表情でした。京都だけの仕事で息子は充分忙しいようです。

ある子が「漫画家」になりたい・・と大志を抱き、東京へいきましたが、漫画家は挫折、派遣で仕事を、
していたのですが、「派遣切り」にあい、職をうしないました。如何にか、正社員を求めて職さがしをしているのですが、なにしろ、「食べてゆかんあかん」ので、、切り詰めて、切り詰めて、如何にか食べている・・・という。バイトでつなぎながらだと思います・・・

大学をでた、ある子も「仕事がなく」、「役者になろうと、1年、就職浪人していたのですが、世の中の厳しさにハタときずき、今は就活三昧のひとり暮らしです。この子も大学の授業料を国に借りているので、返しながらです。勿論親の援助はありません。この子もバイトで繋いでいるのでしょうね。

そんな厳しい時代に我が息子達も世の中に出ているのかと思うと、親は良い時代に恩恵をうけたのだから、
その「良い思い」を出切る事なら、次の世代にかたちあるものとして、残してやりたい・・と思います。

それはお金でも学歴でもなくて、「只、一途に働く事、そのことが自分を作り出すという」それが子供を育てている間に彼らが感じていてくれたのなら、一つは親の役目は果たせていると思っています。
そして出切る事なら、もう一つ彼らが持った「目標」を一つでも多く、果たす事が出来るように、親は陰になり
「応援」できたら・・いいなぁ・・と思いながら今も働いている。

人が見れば「親バカ」だというでしょうが、何時までも「親は親」だから・・・

でも、今の時代の厳しさは^^^と旦那に愚痴ると、「戦後に生きた人の事を思えば、同じ事だと思えばどの時代も一緒だ」と言う。

確かに、彼らは今の時代を淡々と受け止めているのだから・・・
時代のせいにしてはいけないのだろうなぁ^~
[PR]

by yukiwaa | 2012-04-25 14:21 | 生きものいきいき | Comments(3)

Commented by toco-luglio at 2012-04-27 21:38
私のいとこ達も、殆ど皆京都にいます。
結婚も京都の人としましたし、転勤しても、家は京都に買い
結局皆、今は京都に戻っています。
最近、思うのですけど、たとえ大学で他所に行ったとしても、
自分の生まれ育ったところに仕事があるなら、地元に戻って
働くのもいいと思います。
そうすれば、地方が過疎化しないですよね。
京都は、それが可能だということなのでしょう。
羨ましいです。
Commented by yukiwaa at 2012-04-28 14:19
とこさん!こんにちわ。
若い子が気になりますね。地方から京都に出てきて働いている人は自力で働いているので、仕事の条件が悪いと、大変です。
お客さんにもおられますが、昔と違うなぁ~と若い子をみていて、思います。
京都は特殊なのか知りませんが、親戚の子達もとこさんのいとこさん達と同じような感覚です。時代が変わり、息子の仕事がらまさかっ、「水道の設備屋さん」まで・・・そうなのか・・と少し驚いています。
延々と受け継がれているDNAでしょうか?不思議です。

<自分の生まれ育ったところに仕事があるなら、地元に戻って
働くのもいいと思います>
確かに見直す時代ですね。
親が<時代>を敏感に感じないと子供達が行き場のない状況になりますね。
つづく~~
Commented by yukiwaa at 2012-04-28 14:20
つづき~~

主人と話したのですが、やはり企業は「倫理観」を失いつつあり、「儲け」だけに走らざるを得ない状況です。そこで都合よく使われているのが「真面目な若い子たち」です。
辞めたくて辞めさせてもらえない会社があるといいます。
都合よく使われて、いらんようになったら「解雇」の理由を見つける。
これなら第一産業に従事したほうが「人間らしく、充足感のある仕事」にめぐり合えるのではないでしょか?
今、確かに片方で第一産業を目指す若い子も増えているようですね。
「価値観の転換」「幸せ感の転換」が今の時代必要だと思いますね。
コメント、ありがとう!

我々は先に逝きます。せめて、子供達に今の時代の落とし穴に入らずにすむように見守りたいです。