美術館は楽しい~~

美術館で開催されていた、「日本絵画の組み合わせの美」・「志村ふくみと滋賀の工芸」そして、小倉遊亀さんの日本画。
小倉さんは105歳で亡くなられたのですが、亡くなる2ヶ月前まで絵を描かれていたそうで、最後の作品が105歳での作品でした。
最後まで残っていた友人と積もる話もありましたが、折角美術館に来たのだからと・・受付に張り付かずに私はウロウロと美術館廻りをしました。
f0181394_1691125.jpg

先生の作品の札です。此処にかかれてある植物で染められています・・・・
ひとつ・ひとつ染めて色を重ねているのです・・・一緒に染めるのですか?と聞いて顰蹙をかいました^^^
だって、とても、大変そうですからねっ^^^
f0181394_16115497.jpg

広大なお庭の美術館です。ほんの一部です。美術館中から見ました~~

JRの駅から美術館まで、友人を送り迎えをして、何度か往復してくれた主人に感謝です。

チャンと夜に言いましたよ!「今日は、ご苦労様、ありがとう!」って。

夫婦でも礼儀だもんねっ。

友人が「〇さんへ<主人の名前です>宜しく」と言われてたので、それも明るく、言い伝えました。
無口ですが、しっかり聞いていたのが分かります。

今日は、旦那に感謝で筍を湯がいています。勿論「筍ご飯」です。
酢豚もあります。鯖も炊きました。
明日の朝ごはんも兼ねています(主人が持ってゆくのです)

ご飯で気持ちを伝えます~~~お腹減ってれば、何でも良いんでしょうが、、、、(笑)
f0181394_1617317.jpg



また一つ。感謝です。
[PR]

by yukiwaa | 2012-04-18 16:20 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/17440484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by toco-luglio at 2012-04-18 23:59
こんばんは
↓展覧会おめでとうございます。
yukiwaaさんの作品、すぐにわかりましたよ。
県立美術館の催し…そういえば、小倉遊亀さんも志村ふくみさんも
滋賀の女性だったな~と思い出しました。
志村ふくみさんの本は何冊か読んだことがありますが、この展示は常設展なのですね。
次回の滋賀旅行の際にはぜひ見に行きたいと思います!!!

Commented at 2012-04-19 00:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2012-04-19 14:10
とこさん!こんにちわ。
ありがとうございます。
先生の作品が8割ですが、あまりにも繊細な先生の作品には圧倒されました。
友人たちのコメントが厳しくて・・・・ガックリでした。でも、二人だけ褒めてくれました。それで、これからも頑張れそうです~~^
疲れには「褒め言葉」はビタミン剤ですねっ(笑)

滋賀県立美術館は文化ゾーンの中にあるのです。京都と違いやたら広いですが、JR瀬田駅からバスが15分おき位にでています。高校が美術館の近くにあるのです。車でも何処でも駐車できます。(勿論、無料)
文化ゾーンの入り口jからは入らずに美術館への矢印がありますから、そこから入った方が近いです。図書館の隣です。

遊亀さんって30代で70代の男の方と一度だけ結婚されたようですね。「精神的な影響が大きい夫婦」だったそうですねっ。
滋賀県立美術館へ寄贈されている日本画が展示されていました。
志村ふくみさんも時期により展示品が変わるそうですが、寄贈されているのもあるようです。
じっくり、時間をかけてお庭も散歩されたらいいんでは?と思います。
コメント。ありがとう!!
Commented by yukiwaa at 2012-04-19 19:53
鍵コメさん!こんにちわ。
すごい!繋がりがひとびとにはあるんですねっ。
そういえば主人の高校時代の友人のお父さんは陶芸家で人間国宝の「〇〇卯一」さんと言うのですが、その方の作品も展示されていました。
滋賀県にアトリエ(窯)があり、そこで製作されていた繋がりだと思います。