初めての機針

f0181394_914728.jpg

只今、こんな感じです。
機針は織物の耳の近くを刺して左右に引っ張り留めるので、ブンデンのような耳が全て端糸にかかっていない織物には適さないようです。
でも今回は「非常手段」です。
機針は左右3cmほど離して刺すこと、全面的に機針を頼らない事。刺す時はキッチリ刺さないといけない・・・との教えの通りさして織ってます。快適ですが「非常手段」です。

西陣織会館でみた「大島織り」にも織りの裏から、機針が張ってあり、この様な繊細な織物でも使うんだ!
と思っていたのですが、あの織りは平織りだからか?耳がしっかりしているからか?
機も機針が下に付いていたので、筬の下の部分が窪んでいました。
織り物・・と一言で言いますが、織物により適した「機」があり、細かい部分が違うんだろうな~と思いまいた。
f0181394_10541572.jpg

ボケてますが・・・筬の手前が窪んでいます、これは機針を織物の下につけているからだそうです。

私の経糸の張り方が不味かったのか?
織りかたにもっと緩みを持たせれば良かったのか?
経糸をもっと丈夫なのを選べば良かったのか?

色々な原因は考えられますが、反省ばかりでは前に進めない。
3年越しに思い続けていた「ブンデン」です。
織る事にします。・・家で使うぶんには良いでしょう。

綺麗な色の糸を多く使うのが好きです。
柄が出てくるのが面白いです。
図面を身ながら織るのが「いっちょまえ」の様で面白いです。
シャトルが不思議と落ちずに飛んでくれています・・・これも快感(笑)

他愛ない事が面白い、この歳にして<新しい発見>が毎日あるなんて、私のボケかけた脳みそに大きな刺激です。
高い目標はもてない^^^と思っていたけれど、
自分でデザインした図柄を織れたら・・・どんなに楽しいだろう・・と思います。

私の事だから、此処から又、何年かしないと実現しそうにないけれどねっ(笑)

歳なんて・・・考えたくな^--い!!
[PR]

by yukiwaa | 2012-02-27 09:13 | 織りものゆたゆた | Comments(0)