本音は察してー!

17日は「伊兵衛」さんの100回忌です。
本家の京料理屋さんの座敷で兄弟と従兄弟だけで法事をします。

義姉さんが二日前に、栗饅頭と栗のお赤飯を持ってモノポールへ来られた。
「忙しくてねー、西本願寺さんの弁当と、〇〇家の法事の懐石料理の注文がはいって、配達もあるし^^忙しいの」
「それは良いじゃないですか、結構な事ですね」と私。
「17日は手伝だってよ」と義姉が言う。
「勿論」と私。
法事の席で、来客にお茶やお茶菓子を出して挨拶をするのは姪(義姉の娘)がする。手が足らない時は私もお手伝いをする・・それはいつもの風景でした。
今回は姪が主席しない。だから私が手伝うんだ!と思った。
「何時ごろに行けば良いですか」とあまり早く行っても、お寺さんの来られる時間もあるので、聞くと、義姉は、
はっきり時間を言わないまま、帰っていきました。

義姉が帰ったあと、考えました。

何時ものお手伝いなら、「栗饅頭と栗のお赤飯」はおかしいだろう?
そんな品物までもってくるというのは・・・そうだ!「もっと手伝って!」と言いたかったんだ・・・やっと分かる始末。
法事は11時半からだけど、9時には行こう・・と思った。
電話で義姉に
「9時ごろ行こうと思いますが、早すぎて邪魔にならないですか?何でも手伝える事があれば行きますが」と言うと
「ありがとう、待ってます」との事。

京都のおひとは「気持ちをさっする」という流儀が当たり前でそれが「行儀」だと思っている節がある。
外から始めてきた人には通じないよね。
私も初めて来た時は、何でも主人に「通訳」頼んだもんでした(笑)

同じ日本でもコナイに違うのかと感じた事もありました。

私ももう、京都に住んで35,6年。やっと分かるようになってきました。


帰りは、「はな(大型スーパー)」で買い物をして帰りました。

f0181394_1523044.jpg

kyoceraのセラミック加工したフライパンです。セラブレッドフライパン。
頑丈で白い鍋そこが明るくて気に入りました。
アルミの熱まわりの良さと鉄のようなタフさ、金属ヘラok、エコクッキング
熱伝道率の良さと遠赤外線効果・・・とある。
キョウセラは京都の稲盛さんの会社です。

・・・久々に買求めたフライパンが嬉しくて・・・・
昨日は小雨で肌寒いので、息子の好きな豚汁としょうが焼きにしました。
[PR]

by yukiwaa | 2011-10-15 15:13 | 日常そろそろ 散歩 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/16690409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by antsuan at 2011-10-15 15:19
セラミックって日本語でいえば陶器ですよね。縄文時代から使われている調理用具は素晴らしい。(笑)
Commented by yukiwaa at 2011-10-16 13:49
あっちゃん、こんにちわ。
セラブレッドです。アルミにセラミック塗装・・とありました。
ガスの火を小さくしても、大きなエネルギーになるらしいのです。

何でも、新しい素材が出てきてますね。
付いてゆけないけれど、面白くて、買いました。