生きているのに、、

一生懸命に、こうなんだ!こうしよう!頑張らんと!これはこうでなければならない!こうしたらこうなる!

色んな事を考えて生きてきたつもりだったけれど、難しい事よりも「経験値」の高さって大事なんだなぁ~と
今頃しみじみと感じる。
大学で勉強をして、又社会人になり学ぶ、学ぶ事は一生だけど、色々な経験は若いときに凝縮されていて、それらが、濃く出る人も薄い人もいて、それなりに生きているんだけど、やはり、面白いと感じるのは「経験値が濃くて、深くて、味のある人」。
深くて、濃いだけでは詰まらなくて、
そこに、その人なりの<味>があると、ものすごく、魅力的に感じる。

何が言いたいかって?

私には「足らんものばかり」だと思う。
それは、もう、如何しようもないことなので、このまま、ありのまま、生きてゆく以外ないけれど、
神様が「何か一つ望みをかなえてやる」と仰ったら、私は学生時代に戻り、もう一度大学で勉強がしたい!!
生意気で、学校の授業をどこかでバカにしていた私。
受かった大学に行かず、(行けずが正しいかもしれない)
後悔した時、受験して行った学校を私は余り好きでなかっった。

反省しきりです。もっとまともに真正面から向かい合い勉強してたら、もう、すこし味のある人間になれたかも知れないのに・・と思う。
なぜ、与えられた環境で頑張らんと、文句が先に出ていたんだろうか?
不遜な態度の私でした。

そして、今頃、焦っても、
記憶力はポチポチだし、
理解力もポツポツだし、
集中力もポットン、ポットンだし、
無駄な努力で無駄な失敗ばかり。

私はめでたくて、「失敗は成功の元」を信じて、何せ止まりかけそうな私の脳みそと身体を動かし、やり出す。
そこに、綿密さも無ければ、慎重さも、下調べも不十分。
だから「無駄な失敗」をする。
「無駄な失敗がある」・・・そういえばこの歳になれば肝に命じんとあかん言葉でした。

そんな自分が何を書くんだと思う。
感性を生かして書けば、人に触る事もある。

「感性」、描写のような「感性」を感じさせる小説が若い頃は好きで、今もそれは変わらずにいる。

でも時代は変わり、今の小説には絵を描いているよう描写の感性の表現が少ない。

分かった事を「分かった」と書く。

わたしのブログも「分かった事」を<分かった>とかく。

なんの日常の些細な描写もなく^^^
これでは面白くも、味もない。

如何しよう?
[PR]

by yukiwaa | 2011-10-13 23:49 | 生きものいきいき | Comments(4)

Commented by 鎌倉トランプ at 2011-10-14 23:01 x
今までの、、どんな事も「経験値!」、、ですよ。

これからも、、いっぱいの落し物をしたって、、
拾い物だっていっぱいありますよ。
その度に、、「経験値!」up,up,up!
Commented by at 2011-10-15 13:19 x
いつもしゃべるよぉに、書いたらええ、
見たもんを素直に撮ったらええ、
考えてデザインして織ることをそのまんまの言葉で書いたらええ、
自分を表現する方法はなんなとあると思う。手当たり次第、試したらええ。
Commented by yukiwaa at 2011-10-15 14:30
トランプさん!こんにちわ、
ありがとうございます。
魅力ある人に言われると^^
落し物だらけの人生もこれから拾い物がありなら経験値も積めるかもですね。
自分のやり方しか出来ないけれど、素直に頑張りたいと思います。
Commented by yukiwaa at 2011-10-15 14:35
蛸さん!こんにちわ。
あなたの様に強く、個性的に生きてこられた方に言われると、何だか道すじがぼんやり見えてきそう^^^
<そのまんまの言葉>・・・そんな風にしか生きてこられんかったから、落し物もしたような^^^でも「大阪人気質はそれしかできんのかもしれんですね。
もう少し、頭を使い「そのまんま」を表現できたら良いのにねっ。
色々試してみるわ。

ありがとう!!