やっと、やってきた「観音様」。

結婚したての時、毎週日曜日がお休みだったあの頃は、日曜日は主人の実家に行く事が殆どでした。

行けば、お店を長男に譲り引退したお父さんとお母さんが毎週「素人名人会」を見ていた。
お煎茶や抹茶を入れて、楽しげに話す老夫婦の姿は私には新鮮だった。
殆ど、片親で育ち、母が父親で、姉が母親のような私の家庭では見ることが出来ない人間模様だった。

お母さんがお盆に用意されているお茶をいれ、お父さんが「素人名人会」の論評をする。
お母さんは頷きながら、「せやけど、お父さんなぁ~~さっきのお人の方が上手いんとちがいます」と話す。お父さんは又「そうかなぁ~~前の人のほうが鐘がなるで~」と話す。
和やかで穏やかな時間が当たり前の様に流れて、私たち夫婦もその会話に、当たり前の様に入ってゆく。

ただ、ただ、穏やかで、それでもしっかりと<人の繋がり>を感じる時間でした。

それから、30何年たち、お父さんも、お母さんも今は居ませんが、お盆に墓参りの帰りに主人の実家にも拠る。
お仏壇があるので、お寺さんが来られる。今年は次男も一緒でした。

3番目のお義兄さんも来ていて、幼いころ、<仏壇を磨いた>話になる。大きな古い仏壇ですが、一つ、一つを分解できて、それを一つ、一つ子供達7人とお嫁さんで磨いた話。
幼かった主人が、鶴と亀(仏壇の中の飾りです)で遊んで、お爺さんに怒鳴られた事、<PIKARIN>と言う、磨き液が臭くて、<たまらんかった>と話すお義姉さん。

結婚を機に兄弟皆がお父さんにもらってた「観音様」と神棚。
我が家だけきていない「観音様」が本家に1個余分にあった。
「我が家のでは?」「持って帰る?」とお姉さん。
気が変わらんウチに、晒しに巻いてもらい我が家に来ていただくことに。
お父さんがきっと、忘れたんだ。
体が悪いのに、神棚を持って、着物を着て、わざわざバスで我が家にまで一人で来てくれたお父さん。
あの時のお父さんの存在感は忘れられない。

私が、堂々と「おとうさん」と呼べた人でした。

f0181394_2243251.jpg

我が家にやっとやってきた「観音様」東向きに置いて、お水をお供えしなさい・・・とお兄さんから言われて。

今日は、NHKの連ドラを主人と見ていた。
ドラマの画面は昭和25年、電話が初めて蕎麦屋さんに付くシーンでした。
主人と電話の話になる。
「昭和25年って、Jさんとこ、電話あった?」
「あったよ、戦前から」
そりゃ、そうだよねっ、配達が仕事の商売だったんだから~~~

「昔はなぁ、電話局番が<下(しも)>やったから、カジキ(料理を入れて運ぶ箱のようなもの)の横には
電話番号が<下・〇〇〇番>と書いてあって、それから電話が増えてから<37>という局番になった・・・そうな。
昔は京都市で<下>とか<上>とか<中>とかの局番だったんだなぁ~~と又昔の京都を知る。

夕方、マダカスカル島の映像をテレビで見た。主人がいう「マダカスカルは独自の進化をしてきた島でアフリカであってアフリカでない」・・・と。それから<バオパブの木>の話になる。
それから~~それから~~色んな事が面白く話が弾む。

・・・・殆ど、聞いていて<ふ~~ん・・・>と言っている私。

ふと、昔のお父さん、お母さんの会話を思い出した。

----ナンダカ、なんだか、似てきたような歳をえた私たちのおしゃべり----でした。







ひとりごとーーー
涼しくなって、久しぶりにブログに向いました。
織りもボチボチ進んでいますが5cmごとに「織り方」が変わるので、頭がこんらんして端糸の絡みまで、色々~~ありすぎ。でも結局は綺麗に出来ればいいんでは?と思う。
シャトルも欲しいが、足踏み式の織り機にも夢をはせる^^^<はせる>だけですが^^^
[PR]

by yukiwaa | 2011-08-22 22:36 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/16452474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ta-samaa at 2011-08-23 21:29 x
こんばんは!
今夜のブログは、とても心がほっこりしました^^
わたしもね、ご先祖さまを大切にしたいなと
本当に思ってます・・・お盆はお墓にお迎えに行って
家でお膳を作ってもてなしますよ
ビールも焼酎もあげます(笑)
仏壇の前に座ると右左、前とご先祖様たちが私を見るのです

怖いような見守られてるような、気持になりますね
観音さま、大事にしてください

お二人の姿もきっとご先祖さまの背中をみてらっしゃったからだと
そう思えますね、仲良きことは、よきかな^^
Commented by yukiwaa at 2011-08-25 16:32
こんにちわ。
そうゆう、習慣を大切にしている家庭の人と結婚したみたい^^でした。知らない間に色々な行事に出席している間に、私も馴染んできたみたいです。
やはり、家風・・って、大切ですね。
我々の世代以後はどうなるか分からないですが^^^色々、面白い経験をさせてもらいまいた。
10月は100回忌するんだって^^^兄弟だけで。
誰か分からないから、過去帳を見て調べました。

これも、兄弟が集まる良い機会ですねっ。美味し京料理も頂けますし(笑)
Commented by toco-luglio at 2011-08-26 23:46
こんばんは
お盆にお坊さんが家に来られる前の仏壇やお墓のお掃除…
私も父方の祖父母の家で手伝いました。
その時は、本当に親族総出で。
ふだん、あまり顔を合わす機会が少ない大学生の従兄たちもいて、広間に布を広げて、仏具を全部出して、皆でわいわいがやがや言いながらお掃除しました。私などはジャマしてるだけだったかもしれませんが(笑)
その従兄姉や私たちが、当時の伯父や父達の年齢を超えてしまったんだな~って、しみじみと思ってしまいます。
Commented by yukiwaa at 2011-08-27 22:04
こんばんわ、とこさん!
ご先祖さまが今生きている私たちを繋いでくれています。
息子達にも伝えたく、今回は4人が休みが一緒になったのに、長男は「歯医者」さんを予約していました。
私は、少し怒りました。その後、息子から電話で「2時以降なら行ける」と電話がありました。やはり気にしていたようで、それと、食事に誘ってくれました。気持ちが通じていたのが嬉しかったのですが、お昼にお寺さんが来られるので長男は、来年は一緒に行く事にしました。息子達とも少しでも共有できれば^^^と思います。