良いニュース

色々出てきました。

ヤフッーの孫さん100億円寄付・・・もすごいけど、「自然エネルギー」の会社を立ちあげるとか、、勿論事業としての将来性も考えての事かもしれませんが、原発からの脱却を菅さんとの会食で進められたとか、、、
・・・・一つの良い情報です。

12年前に国が推奨して、30億かけて開発していた災害用のロボット、電力会社が「必要ない、放射能を想定する必要はない」・・・と発注せず、作った4機?の内3機を廃棄していた・・・ロボット研究。今回アメリカからのロボットを借りましたが、アメリカのロボットは階段を上り、下りは出来ません。
愛知工業大学で東電の発注で、現在、建て屋に入るべきロボットを急いで、製造中だとか・・・勿論階段は上り、下り出来るロボットです。
やっと、日本製のロボットが陽の目を見ます。嬉しい!・・・・一つの良い情報です。

宮城県石巻の種牡蠣が80%が無事・・・・これはとてつもな良い情報でした。

何処の村だったか、東北の海辺の村が津波で被災。村の言い伝えの「村共有の土地」「何かがあれば使いなさい」・・・と言われていたという土地、東京ドーム7個分。海から5K離れていて、海辺の津波で壊れた村の家200軒を立ててもまだ、300軒の余裕があるという。村の人たちは「希望が持てる」とその土地を今回利用する方向で考えている。他の土地の人もどーぞ!と言われていた。・・・・これも良いニュースでした。

悩まんとあかん事は山ほどあるが、活力になるのは「良いニュース」。

政治家が出来が悪くても、日本国民の底力と責任感と技術力と忍耐力を世界が信じてくれています。
だから、株価も下がらんし、貨幣価値も下がらんのかも知れない。

政治家が原発を国策と認め、今回の原発の責任を100%国が認めたことは重要だと思う。
それらを時代を後戻りさせないように我々は見張らんといけません。

もし、バカげた政策に逆戻りしそうになったら、私達は「国民投票」を訴えましょう。

京都に家族ぐるみで仕事にくるはずだった東北の方は「やはり、土地を離れられない」・・・と帰られたそうです。
土地に根ざす気持ちの強さは京都人の主人にはよく分かるようです。

人間は歴史的な時間軸を縦軸に場所という空間軸を横軸に存在がある・・・と何かの本で書いていた。

農耕民族の日本人にはこの思いは強く、特に農業や林業、漁業をされている方々は、土地を離れると言う事は自分自身の存在意義を否定されたように感じるらしい。

なるほどなぁ~耐えて、耐えてその土地で頑張ることが生き甲斐に通じるのかもしれない。

私の歴史的、時間的縦軸と空間軸の交わる所に今の私の居場所があるんだとすれば、
それがモノポールかい???

今週は腰痛で、、、、悪いニュースの一つでした。

f0181394_16145993.jpg

久しぶりに我が家にやってきたツバメたち
f0181394_16154579.jpg

息子にプレゼント、マットです。
f0181394_16161660.jpg

お母さんの嫁入り箪笥・・・・今は織りの糸タンスです。
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-19 14:47 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/15995082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]