脱原発・・・琵琶湖の水を守りたい。

私は「安全神話」の中にいたのかもしれない。

自民党、中曽根前総理が進めた「原子炉計画」。

<1945.8.6日、中曽根康弘は4高松で広島のきのこ雲を遠望した。この時次のように思ったと云う。  「私が戦争中海軍に動員されて高松にいた時、広島の原爆雲を見た。この時私は、次の時代は原子力の時代になると直感した」(中曽根康弘「政治と人生―中曽根康弘回顧録」講談社・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1954.3.2日、中曽根康弘によって日本の国会に始めて原子力予算が上程された・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・翌3.3日の衆議院予算委員会に、全く突如として自由党・改進党・日本自由党の三党共同修正案として提出され、3.4日の衆議院本会議で提案趣旨説明が行われ、予算案は修正案も含めて一括採択された。

 1954.4月、予算案が可決され、「原子炉築造のための基礎研究費及び調査費」(この時の原子力予算は235億円ともある)。が認められた。以降、日本の原子力政策は巨額の税金を「利権として吸い上げる」構造的汚職の巣窟と化して行くことになる。
(日本を守るには右も左もない。より抜粋。

原発推進派はあらゆる手段で原発からの利益の為に企業と政治家が「癒着」し、あらゆる手段で、「原子炉に疑いをもつ芽を許さず、それは戦前に軍国主義の非難を許さなかったように、原発の非難を許さず、全てに封をしてきた。
原発が安くつくというのも「嘘」である、原発につぎ込んでいる税金を入れれば他のエネルギー事業よりも高くつく。

それを知らされたのは、、、私は今回の震災の後です。

疑わずに、震災の後も全ての学者の話を真剣に聞いていた。彼らが原発推進派の学者・・・だと誰が疑っただろう。
あの、悲惨な場面を見せられて、それでも直、原発を疑うエネルギーは私にはなかった。
信じて、良くなる事を願った。

でも、原発は大きなたくらみの中にあり、それは我々が騙され続けようとしていた。

今回の震災で全てが明るみに出た。

今回の事故は「時代が変わる節目」なのかもしれない。

原発から自然エネルギーへの時代の変化だと受け止め、それは一挙には行かない事情が多いが、これを「良い機会ににして、自然エネルギーへと転換される政治を社会を望みたい。

私は「安全神話の中」で安心して暮らしてはいけない。

何時、琵琶湖の水が放射能で汚染されるか分からないからです。

もう、タブーの「脱原発」は許されない。
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-12 15:14 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/15958658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-12 15:40
シーベルト星人に騙されたのですよ。私もあわやゾンビになるところでした。
Commented by トランプ at 2011-05-12 21:21 x
原発ほど高くて、安全でないエネルギーは無いのです。
騙されてはいけません。
Commented by PP at 2011-05-14 10:21 x
琵琶湖の水が放射能汚染!! 恐ろしいことです、琵琶湖で船遊びをさせてもらっていて時には湖水をすくってコーヒーを入れることもありますが、そういえば奥琵琶湖の半径30キロ以内には日本の原発の4分の一にあたる15基があるようです、もしこれらの原発に事故がおきると北西の風に乗った放射性物質はあっというまに琵琶湖を覆いつくしてしまうことになるでしょう、そうなると近畿一円は水飢饉となります、こわいですねぇ。
Commented by yukiwaa at 2011-05-14 13:50
佐平次sん!こんにちわ。
津波と地震の悲惨な報道を見ながら、片方で「放射能は大丈夫」・・・という東京の学者の言う事を信じたいと思い、信じていました。
今になり、はっきりした事があります。「責任者出て来い!」と以前、私は言いましたが、責任者の一旦は少なくとも、「中曽根、自民党」彼は高齢ですが、元気です。何故今、考えを言わないのか、逃げているとしか思えない。彼は今も、これからの日本に「原発ありき・・」で始めるべきと思っているのでしょうか?
長い時間、「安全神話の中」に国民は閉じ込められていたのですね。
これからが大切です。
時代は変わる。いやっ、変えないといけないです。日本の為に。
Commented by yukiwaa at 2011-05-14 13:55
トランプさん!こんにちわ。
やっと原発反対派の人がテレビに出てくるようになりました。費用の面でも高くつくと、昔から言われていたんですね。
お金よりも怖いのは核は最後に処理が出来ない事です。
10万年地中深く埋めて処理する以外ないのですね。それを後世の人が掘り起こせばどうなるか?もし、地殻変動で何かおこれば、どうなるのか?人類はこの辺で目を覚まさないといけないですね。心配がいっぱいです。
Commented by yukiwaa at 2011-05-14 14:02
ppさん、何方か知りませんが、、、こんにちわ。
関西の方ですか?東北は遠くて、関東も遠いですが、近畿にある原発は琵琶湖の近くです。それに35年経つのもあるのです。
日本の原発は「東映映画村のセットのようだ~」と言われた方がいます。
それぐらい、コストダウンを狙って頑丈に出来ていない。怖い話です。
浜岡を止めただけで、「工場が経営出来ない、、、」と文句を言われる方もいて、一挙には出来ない事ですが、自覚だけは持っていたいと思いました。
自然エネルギーの開発にもっとお金をかけて欲しいです。日本の技術力の発展にお金をかけない政府に言いいたいです。
琵琶湖が何時までも健全でありまうように、「願う」以外ないです。
Commented by kaorise at 2011-05-15 15:49
スキンかえましたね〜
私もスキン変えたときこれにしようかな?って思いました。
琵琶湖の近くというと、琵琶湖に原発の廃水を流している、
ということになるのでしょうか、?
それにもし事故でも起きたら、日本のど真ん中で、ですよね。
おそろしいことです。
みんなで、やっと気がついたんだからこれからは、力を合わせて
自然エネルギーへの転換を求めていきましょう!
Commented by PP at 2011-05-16 10:36 x
日本海に面している原発の2次冷却水は全部日本海に排水されていて、琵琶湖には一切関わりありませんが、万が一福島原発のような事故が起きた時には北よりの風に乗って放射性物質が風下に運ばれる恐れもあると申し上げたわけです、近隣の原発で事故さえ起きなければ、ず~っと安全できれいな琵琶湖ですよ。
Commented by yukiwaa at 2011-05-17 23:19
kaorisesさん!こんばんわ。
スキン、kaoriseさんのを見て、、変えました(笑)。
私は始めはkaoriseさんがしてたのを気に入りましたが、文字が小さいので此方にしました。
琵琶湖の水は関西の、少なくとも京都、大阪、滋賀県の水がめです。
琵琶湖の水で育ったといっても過言ではないです。それほど、大事な琵琶湖なのです。ppさんが書かれているように、今は安全で綺麗な琵琶湖です。でも老朽化した日本海の原発が福島の様になれば、琵琶湖が汚染されます。そうゆう意味でした。
ソフトバンクの孫さん、すごいネッ、100億円の寄付もすごいけれど、自然エネルギーの会社立つあげそうですね。
菅さんにも直談判されたようだし、、、動きは「自然エネルギーへ行くでしょうね」送電と電力会社が分けられると良いですね。
頑張りましょう。
Commented by yukiwaa at 2011-05-17 23:20
ppさん!こんばんわ。
ご説明ありがとうございました。
Commented by kaorise at 2011-05-20 00:40
ppさんの説明ありがとうございました。
いずれにせよ、原発は事故が起こったら周囲の自然や住民の生活
を破壊することになりますね、、ほんとうに嫌です。
それに琵琶湖は歴史がきざまれた日本文化の一部でもありますね。
綺麗な琵琶湖を守りたいです。