浜岡原発停止

福島の原子炉が水素爆発した時、東電の幹部達は「もう駄目だ!」とさじを投げ逃げ出そうとしていた。
それを知った官邸が東電本社に怒鳴り込みに行ったらしい。これが、菅さんが怒鳴った理由らしい。

今、聞くと、なるほど・・・とも思う。

企業と言えども、国策として原子炉からのエネルギー政策、自民党時代にしっかりとした癒着があり、その中でいお互いを甘やかせていたのだろう。
国鉄も、、そうでした。日航も、、、同じです。半官半民みたいな企業、いやっ東電は電気と言う武器を持っている。それに、海外や我々の年金の原始で株が買われていて、なかなか、厳しい状況に追い込めないでいる。

それはそれで仕方ないのかもしれないが、社会における責任を(賠償など)を全て追いきれない会社は、もう破綻しているといって良いのかもしれない状況ですが、東電をつぶす訳にはいかない・・・

・・・それも仕方ないとしても、もっと仕事に対しての社会的な責任の重みを感じて原子炉に接してほしい。

自分だけ逃げ出そう・・・だなんて、言語道断だと思う。

昨日、近況ニュースのテレッップが流れた。
「浜岡原子炉停止」というニュースでした。

今日の新聞では、「まずは2年停止」と言う事らしい。

一応、良い方向へ行きかけているのか、、、、

その前日にnhkのニュースウオッチ9で「野依良治さんに問う“科学の危機”どう向き合う」が放送されていた。
聞き耳を立てて聞く。

原子炉はつなぎのエネルギー。自然エネルギーへの移行のための。

科学者はもっと自然エネルギーの研究をするべく・・・だと話されていた。

原子炉に使うお金を、もっと「自然エネルギー」の研究の為に使ってほしい・・・と思った。

日本の政治がまともな方向へ行くなら、これからの復興も期待できる。

5月の連休は私は月曜日以外、仕事でした。

合間に、花の植え替えをして、桂川を散策。若い人達がたくさんバーベーキューしていた。
3月と比べると、今までの我慢が吹っ切れたような大勢の人・人・人でした。
わんちゃんたちは肩身の狭い散歩になりましたが、若い子たちが元気に遊んでいるのを見るのは楽しいものでした。
我が家の長男も家にブラット帰ってきては「何かめぼしいものはない?」と言うと天井収納へ行き、バーベキューに使えそうなモノを物色しては帰っていきました。
クーラーボックスも取りにきて、来週出かける予定らしい。
急に来るので、私がいないと、知らない間に帰ってしまうみたいです。
すっかり連絡もなくなってきましたが、元気にやっているみたいで、、、一安心。
初めての車でお出かけ~~~嬉しいんでしょうね(笑)

織りは、今しているのは「通信教育」の先生のお手本を見本にしてやりました。

新しい教室へは、車で1時間半ほど走ります。
月に、1,2度出かけています。今年の4月からです。
遠いので何時まで頑張れるか分からないですが、先生にお願いしているのは「基礎的な事を教えて下さい」です。私は自己流なので、ココッ・・・と言う所が駄目なんだと何処かの先生にもいわれまして、如何すれば「基礎的な事を学べるんだろ・・」と今年に入ってからモンモンと考えていたのです。

まずは部屋を片付けました。糸の整理です。
つづく~~
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-07 16:04 | 生きものいきいき | Comments(10)

Commented by saheizi-inokori at 2011-05-07 23:13
原子力事業はいったん事故があると事業者では賠償しきれないことが分かっているので原子力事業賠償法を作って福島のような場合は国が賠償すると決めてあります(今の政権は法律無視ですがメデイアも一部を除くと黙認しています。国民感情でしょうね)
東電が負担する場合は電気料金に上乗せされますし国が支援する場合は税金となりどっちにしても最後は国民にしわ寄せがくる。
それが国策という意味でしょうね。
もし東京が被害者になって福島県の人のように避難させられたらその他の地方の人たちが賠償金を負担する(税金として又は料金として)のは無理かもしれません。
すなわち原発というものは事故の場合の賠償金を負担する人がいなくなるという意味でも存在を許されないものだと思います。
今、チエルノブイリの石棺を覆うドームの工事が未完成ですが、ロシアにはそれを完成させる余裕がないという説もあります。
Commented by yukiwaa at 2011-05-08 14:35
佐平次さん!こんにちわ。
原子力事業賠償法は適用外と政府は言ってますね。その辺の所はお互いに言い分があるのでしょうね。
負担金を国民が負担するのは、私は東北の方々のお役に立てば、負担するのも仕方ない・・・とこれは多くの国民が思っているのでは?と思います。
でもその時の問われるのは東電の社会的な「倫理観」です。
金儲けして、国策だからと国におんぶに抱っこはいかがなものか?
水素爆弾してとき、彼らは「原子炉はもう駄目だ」と諦めてさじを投げようとしていたのです。アメリカからの支援を断わったのも、原子炉を存続できると・・・という甘い考えからです。
私は、原理主義のように、「原子炉は廃止!!」と声高に言いたくはありません。
原子炉のお陰で、贅沢もさせて頂いたと思うからです。
でも、今福島はあのようになってみて、自然に帰らないプルトニュウムは人が扱えるものではない・・・とつくづく思ったのです。
福島の方々が牛や豚を引き連れて、東電本部に抗議行動を起こしたのはうなづけます。東京は福島の電気の三分の一は使われています。
東京は国の中心部です。
つづく~
Commented by yukiwaa at 2011-05-08 14:38
東京が被害者になって福島県の人のように避難させられたらその他の地方の人たちが賠償金を負担する(税金として又は料金として)のは無理かもしれません。
・・・・この意味が分からないですが、その為にも、政治の中心を分散させるべきですね。経済の中心も分散させるべきです。
文明開化をしんといけません。
Commented by at 2011-05-09 10:17 x
私たちは自分たちの代表である政府が「勝手」だと自覚しなければならないと思う。
今、彼らとアメリカは「核処分場をモンゴルに計画中、話は進行中」
今、人の意識の持ち方を問われていると思う。
Commented by yukiwaa at 2011-05-09 21:41
蛸さん!こんばんわ。
モノゴル・・・そんな話は聞いてないし、自国の核を他国へ・・・そんな非常識は通らないと思うけど^^^でも以前フランスに頼んで船で運んでいた時がありましたね。やはり砂漠なら、人害がないとという考えでしょうか??それにしても、この核は地球規模で考えないといけないのでしょうね。でもモノゴルの人たちは知っているんでしょうか???
私は初耳です。
Commented by antsuan at 2011-05-10 10:15
「菅さんが怒鳴ったことの真実」は、福島第一原発にいる六百六十名の職員のうち、居ても意味のない六百名を退避させようとしたら、全員が逃げだすと勘違いしたバカ菅が怒鳴ったと云うのが眞相のようです。しかもアメリカ政府が核戦争用特殊部隊を送ると云うのをわざわざ断ったのもバカ菅です。

東電幹部は悪ですが、最前線である福島第一原発の職員は決死の覚悟で働いています。サイパンや硫黄島のように玉砕させるわけには行きません。
Commented by yukiwaa at 2011-05-10 23:35
あっつぁん、こんばんわ。
真偽の程は分からないですが、東電の現場の人たちは決死の覚悟で仕事をされているのを感じます。彼らには頭が下がります。がんばって頂きたい。彼らとは違う立場にいるような東電の幹部、東電に自覚を求めたいです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-11 21:28
私の言いたいのは一旦事故があったら誰にも補償なんてできないような原発はそもそも無理な存在なのだということです。
そんなもの、いくら一時的に儲かっても引き受ける企業はないし株主もいないでしょう。
国が面倒みるというから事業化できる、その国も払えないとなったらおしまいでしょう。贅沢も何もないです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-11 21:37
それから、今度のような原発の事故の場合、総理大臣は事業者に命令ができるのです。
ベント、海水注入、アメリカの援助受け入れ、、、すべて菅が「やれ」と言えば済んだことなのに及び腰でいた(責任を東電に押し付けるために)ために時期を失しています。
浜岡も「要請」、これは法律に命令する根拠がないからしょうがないということになってますが、保安院や安全委員会がもっと強い措置が取れたのかもしれません。
強い措置をとればとるほど政府の責任が重くなります。
20~30キロに“自主的“避難圏というのを設けたのも同じ発想で、実にズルイ住民泣かせの措置だと思います(話が飛びましたが)。
Commented by yukiwaa at 2011-05-12 14:10
佐平次さん、こんにちわ。
確かに、私は信じていました。安全神話の中にいた・・・と言っても過言ではないでしょう。全て、全て、騙されていた様な気がします。
全ての人が今回、真実を知ったのでしょう。
政治かも、マスコミも含め、ご法度だった「安全神話」を疑う事が出来ないでいました。
これから間に合うのか心配ですが、一部の人を責めても如何しようもない「国策」でした。私達も納得させれてきたんです。
これからの新しい第一歩として、一応の「原子炉計画の白紙」と「浜岡停止」は言われたのだから、これは政治決断です。菅さんがどれだけの自覚を持って言われたのか分からないですが、言われた以上、それを良い方向へ持ってゆきましょう!