糸ソウコウ・・・助け合い始動!

久々のソウコウ通し、タペストリーのつもりですが、

50羽で2本取りです。
経糸の長さは出来上がり70cm×38cm(経糸の長さは140cmで整経)
横糸は188本×2+2=378本

筬には2本づつ入れますが、ソウコウは1本づつの方が、綺麗に織りあがるらしい。
今までは2本取りは2本そのままソウコウに通していたので、糸の配分が分からず、ソウコウ通しが終わる頃に、3のソウコウの糸が18本ほど足らないと判明。ソウコウを手作りで作り、通す事にする。

8枚ソウコウの織機で4枚ソウコウで織るので、他のソウコウの糸を外し、入れ替えるだけでも大変な<わざ?>でしたが、その上にソウコウを手作り作り、通すなんて!!時間がかりました。

ーーーこれも、修業だと思いながら、やりあげました、378本ぶんのソウコウ通しーーー


「あっ!めんどくさ」と言いながら、、、
これは口癖ですが以前教室でも出てしまい、でもその時の先生は「口癖ねっ・・」と笑って下さり、ホットしました。悪い口癖ですが、これで、ガス抜きしてるようですので^^^

f0181394_2384326.jpg

2本取りなので、筬に通してから織り機に経糸を置きましたが、織り機の前からあや返しをしました。
この竹の綾棒はとても使いやすい。ちょっとの事ですが、糸を間違えずに筬に通しやすいし、綜コウにも通しやすい。

久しぶりに震災の事を忘れ、「阪神、巨人戦」をラジオで聞きながらの織りの時間でした。
阪神勝ちました!!荒井の弟が最後に打ちました!!
甲子園満員!
明るい甲子園を見ていると、日本は元気なんだと思えた。

知り合いの企業向けに大きな乾燥機を製造している工場の方が東北から同じ仕事をしていた人を家族ぐるみで向かえて働いてもらうらしい。
当然、復興すれば帰って頂いても、此方にいてもOKだという。

仙台のTシャツ工場が津波で跡形もなくなってしまった。これからが「稼ぎ時」なのに・・・と途方にくれていると、即座に、京都の染物工場の方が「私の工場のレーンを使えば良い」と提案。即効、話が決まり、従業員と一緒に京都の染めもの工場でTシャツを作り始めた。
染めの仕事と、Tシャツ作りが同じ場所で始まった。

農業も、漁業もこの様な取り組みがなされるのでは?・・・と期待したい!。

地域は変わっても、仕事が続けられる喜び、早くこの様に始動してほしい!
日本には空き地がいっぱい。港もいっぱいある。
中小の企業が助け合おうとしている。

若い、二代目達、頑張れ!
[PR]

by yukiwaa | 2011-04-19 23:25 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/15840938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaorise at 2011-04-30 16:35
>地域は変わっても、仕事が続けられる喜び、早くこの様に始動してほしい!

染め物工場でのTシャツ作り、すばらしい取り組みですね!
日本は不景気で動いていない工場とか、過疎で人が住まなくなった
土地などもあるのだから、そういうところと協同して、
仕事ができたらこれほどいい事はないと思います。
職人的な仕事は、働いて作るだけでも幸せを感じる人達が
かかわっているから、土地がかわっても職人同士で
理解しあえる良さがあるように思います。
Commented at 2011-04-30 23:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2011-05-02 16:20
kaoriseさん!こんにちわ。
原子炉の建て屋に職人さんが入られるようですね。心配です。

もう、此方で働かれていますが、職人は「仕事が命」です。何処でも良いから協力してくださる方と場所や機械をかりて頑張ってほしいです。
そこから。「希望」が出てくるように思います。
Commented by yukiwaa at 2011-05-02 16:26
鍵コメさん!
ありがとう!
安藤みきさん、金メダル取りましたね。
「日本の為に~滑った、、」これを聞いただけで、涙がでます。
自分が、これほど、「日本」が好きだったとは思いませんでした。
仙台で楽天が勝ち進み、仙台でサッカーが勝ち、ゴルフでの賞金を被災地へ寄付する・・・という若い子達。嬉しくて、、。
織りで忙しいやら、涙やら^^^・・・東電のいい加減さに腹がたち、政治の政局争いに、ヘキエキしてます。
頭が、まとまらず、記事が書けないだけです。
身体は至って忙しくしてます。