大切な友達へプレゼントを!

同じサイズの「友達」へプレゼント
袋に詰め、仕分け不要

京都のNPO法人環境市民(京都市中京区)は「東北に住む、自分と同じサイズの<友達>にプレゼントを贈ると言う趣旨で、支援物資の受付を始めた。
 募集しているのは、服や新品の下着、貴重品を入れられるポーチ、爪切り、鏡などの生活用品。これらをリュックやカバンなどの丈夫な袋に詰め外側に送り主の性別・年齢・服にサイズを書いたラベルを貼り付ける。
被災者は表のラベルを見て自分に合うものを選んで受け取る事が出来る。

f0181394_15411185.jpg


「阪神・淡路大震災1・17希望の灯り」から大切な友達へプレゼントを!カバンの参考例が載ってます。

見てください。

個人から個人への贈り物と言う形なら仕分けもマッチングも不要になる。阪神淡路大震災の遺族などで作るNPO法人です。
「大切な友達を支援するぐらいの気持ちで新品でなくて良いのです。自分のお気に入りの服を入れて必ず手紙も添えてほしい」と話す。
顔の見えない相手への思いやりが生まれるだけでなく、津波や火災で多くの思い出の品を失くした被災者の支えにもなる。

京都からの支援物資は
京都市中京区寺町通り二条下がる 呉波ビル3階のNPO法人環境市民
電話075-211-3521
持ち込みか郵送で受け付けています。
平日午前10時から午後9時。
土、日曜日は事前に問い合わせが必要。
「希望の灯り」のボランティアが直接被災者に届けます。  <京都新聞3月25日掲載>
私達の出切る事から始めましょう!!

カバンの中はタオルや雑巾や靴下や私たちが日常の生活で必要だと思われる品物も入れると良いんでは・・と思います。
[PR]

by yukiwaa | 2011-03-26 16:01 | 生きものいきいき | Comments(4)

Commented at 2011-03-27 11:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2011-03-27 16:25
こんにちわ。鍵コメさん。
今は被災者の支援が私にどれだけできるかで頭がいっぱいです。
今日は昼休みは支援のチラシ作りとコピーで時間は取られてしまい。携帯電話など持たない私には「散歩」はあくまでも「散歩」で、それ以外の事はできません。
あなた方が仰っている事も大切ですが、今は気乗りがしません。
確かに画像はみましたし、彼の言う事はテレビでも聞いています。
Commented by 上の鍵コメです at 2011-03-27 16:28 x
分かりました。ありがとうございます。
気が向いたら、お願いしますね^^

サイズぴったりの人に届きますように^^
Commented by yukiwaa at 2011-03-27 20:19 x
名無しの鍵コメさん!あなたも送れるんですよ!遠い北海道からでも
ドーゾ!。