京都の今。

震災のあくる日、私は呑気に大型スーパーに2,3日前から見ていたい「イカナゴ」を買求めに行きました。

「津波で大阪湾のものも入ってこんの」と魚屋さん。
あっ、そういえば「津波」だった。

それからのテレビの放送で事体の大変さを知る。
「落ち着かない・・・気持ちが落ち着かない」

そんな気持ちで3ヶ月前から予約しておいた病院へ。
会計カードを渡されて帰る時に、書類の端が目に入り、黒目のトコに傷がつきました。
その後回復はしているので、心配はないのですが、やはり落ち着かないのは・・・いけません。

京都の最近の状況は、何故かトイレットペーパーが売り切れています。
乾電池の単一、単二はどこを探してもありません。乾電池が売切れです。
我が家には懐中電灯は息子の持ち物が一つだけ。今の所は心配ないので要りませんが、やはり常備しとかんとあかんわ、、、と今頃気がつく始末。

ガソリンは毎週金曜日が2円引きなので、今日はガソリンを入れに行きました。
スタンドのお兄ちゃんが「明日から営業時間が朝の9時から夜の9時になります。ガソリンが24時間営業するほど、入ってきません。被災地へガソリンが行くので、無くなればもっと早く店を閉めます」と言われた。

日本中協力して頑張ろう!
大丈夫です。有難い事に、京都はガスも水も電気も充分にあるので、ガソリンは大丈夫です。

ラジオでは「被災地へ救援物資は送らないで下さい。各自治体で集めますが、京都では丹後と宮津だけです。被災地が混乱するので、今は送らないで下さい。長丁場になるので、皆さんの支援が必要な時が必ずきます」・・・と流れています。

悪い事ばかり考えないで、一歩でも前へ進もう・・・頑張ろう!!折れないで、挫けないで!!
[PR]

by yukiwaa | 2011-03-18 20:05 | 社会  山登りしんしん | Comments(4)

Commented by saheizi-inokori at 2011-03-18 20:52
京都でも乾電池やトイレットペーパーが売り切れですか?
情けないですね。
Commented by toco-luglio at 2011-03-18 23:00
こちらは計画停電中に、病院へ行くと、カルテや処方箋は手書き、会計はできなくて、次回...と、診療以外のことで、てんてこまいです。
いかに私たちの生活が「電力頼り」なのかと思い知らされています。
関東以北がこんな状態なのですから、関西の人には落ち着いていてほしいですよ~
トイレットペーパーや紙オムツは四国でも生産しているのですから、国際規格の乾電池は輸入もできるのですから、無くなることはないのです。
国中がパニックになって、どうする?
買いだめなんかでパニックを起こしていると、ますます、国や東電は本当のことを正しく伝えてくれなくなると思います。
「冷静」が一番大切ですよね。
Commented by yukiwaa at 2011-03-19 20:26
佐平次さん、こんばんわ。
ブログがおかしくて使えませんでした。
買占めだけではないと思います。被災地へ送る物資があるので、如何しても何時もの様には需要に追いつかないんだと思います。
それを知っているから買う人もいるでしょね。
Commented by yukiwaa at 2011-03-19 20:28
とこさん!こんばんわ。
ダブリますが^^
関西で売り切れるのは被災地へ運送する分が増えているので、何時もの様には「もの」がないのも原因してるとおもいます。
日用品を売っているところには「被災地へ物資がいきますので何時もよりはご不便をおかけします」と書いてあります、それで買い急ぐ人もいるからでは?と思っています。