暖かいものたち

今年は、何時もより「寒さ」を感じる。

土手を散歩していても、朝が早くても、それほど寒いーー^^^と思った事もなく、風邪も殆どひかずにすんでいたのに、今年は違う!!寒さが身体にこたえる~~~。

何故だろう?年もあるだろうけれど、、、
母が生きていた頃に送ってくれた、阪神百貨店の<色えんぴつ>のTシャツ、アンダーに着るものだが、見えてもオカシクナイオシャレなシャツでした。
真冬には手放せないで毎年着ていたが、母が亡くなり、シャツも年々、ほころんで、一つ、一つ消えていった。
今は1枚だけになり、買おうかと思うが高値なので、<始末>してユニクロのヒートテックを買う。

若い子がヒートテックは暖かい・・・というので買い始めてみたが、やはりウールで出来た母が送ってくれていた「色えんぴつ」のTシャッにはかなわない。

ズボン下も下の息子と旦那は「グンゼのパッチ」派だが、私は、やはりパッチは今一はけないので、毎年息子や旦那がスキーの時にはいていて、今はタンスの肥やしになっていたスキーズボンの下にはくタイツをはいている。
勿論、男物だが、やはりウールだからか、、、暖かい。

でも、銭湯で脱ぐ時に少し恥ずかしいので、今年はやはり、ユニクロのズボン下を買ってみた。勿論女物を(笑)
でも、暖かく感じない。
上辺だけ見ていると、暖かそうなのに、何かが違う!!

大量生産で安くを考えると、いま一つ血が通わないのだろうか~~

今は男物のスキー用のズボン下をはいている。

母は耳あてファーも送ってきた。
京都は山に囲まれて寒いから・・・と毎年冬になると暖かい手編のセーターや阪神百貨店のTシャツや耳あてファーや靴下や、台所の絨毯まで送ってきた。

あの当時は、それほど、ありがたく感じなかった。なんて、、、親不孝だろう。
私は、<パン屋なんて暑いのに、こんな暖かいシャツなんか送ってきて、、、>と心の中で不服を言っていたのです。

今、思います。パン屋をして26年、寒いのに、疲れていて、フトンに入れず寝てしまった事はタビタビでした。
でも風邪を引いたのは2どぐらい。
予防注射もせずとも、インフルエンザにもかからず、今ままで元気に仕事が出来たのは、
母の「気づかい」のTシャツや何時も口癖の様に言っていた「冷やしたらあかんで~」と言う耳にタコが出来るぐらいの言葉のお陰だと思う。

先日、息子の好きなかやくご飯と味噌汁と鶏肉の照り焼きをした。
風呂もわかして、準備OK・・・と言う時に帰ってきた。
「ご飯も風呂も出来てるよ」と言うが
「悪い!飯いらんわ。飯食べに行くし」という。突然誘われたようだった。付き合いだから仕方ない。
「おかん、自転車かして」という息子。
めったに乗らない自転車なので、お隣で空気入れをかりる。

8時は過ぎていて、結構寒いのに自転車で出かけていった。

ドンナに近くても、タクシーを呼んで往復タクシーで出かける息子なのに、珍しい。

やはり、今年に入ってから「節約」を考えたのだろうか?
三日坊主で終わっても良い、、、<可愛い~~>と思った。

母の真似は出来ないが、子供は幾つになっても<可愛い~~>と思えれば
それは<しあわせ>なのかもしれない.

f0181394_1583050.jpg

高齢者福祉施設のKさんが編んで私にプレゼントしてくれた手袋。
少し大きいが、ものすご~~く暖かい!!
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-23 15:10 | 思い出つらつら | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/15380925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaorise at 2011-01-24 00:19
私もウールやカシミヤが一番暖かいと思います。
フリースなども、いろいろ持ってますが、暖かみがぜんぜん違います。
同じ暖かさでも、感じかたが違う気がします。
去年ロンドンで買ったスコットランドのウールの手袋かったんです。
安かったんですがびっくりする暖かさと丈夫さで、同じウールでも
地方地方で糸に特色があるんだなと感心します。
Commented by toco-luglio at 2011-01-24 16:10
先日、スキーに行った時、スキーウェアの下に、ヒートテックを履いていました。
スキーの最中は、確かに寒さを感じませんでした。
スキーの後、ウェアとヒートテックを脱いで脚を触ったら、ものすごく冷たくなっていてビックリ!
ヒートテックは寒さを遮断してくれるけれど、体を温かく保ってくれているわけではないんだなあと思った次第です。
だから、マフラーはカシミヤなどのウールに限るし、コート類も、ダウンやムートンなどの天然物が、一番保温力が高いですね。
動物達の身を守ってくれているのですから、当然ですよね。
yukiwaaさんのお気持ち、よ~くわかりますよ。
私も今、そう思いながら、娘の荷物を詰めています。
あれも持たせよう、これも持たせよう...なんて、いつもついつい荷物が増えてしまい、娘に「重くなったら、向こうの地下鉄の階段で困る!」と言われることの繰り返しです(笑)
Commented by yukiwaa at 2011-01-25 13:30
kaoriseさん!こんにちわ。
つぃかにウールは暖かいを実感しました。
スコットランドのウールの手袋ですか、やはり本物は暖かいですね。
次回からはしっかり考えようと思いました。
Commented by yukiwaa at 2011-01-25 13:37
とこさん!こんにちわ。
もうすぐ娘さんアメリカへ、、、ですね。
母の思いは、年を経てからが実感しますね。
娘さんも、何時の日か「重い荷物」を懐かしく、あり難く感じる日が来るはずです。
言うべきこと、やるべき事は子供たちにはしっかりしておきたいですね。
それが親が残す「財産」のような気がします。

息子たちは「いい年」になりましたが、また違った角度から見えてきて、
それでも、「可愛い!~~」と思えたら、いいですよね。

暖かくして、・・・と娘さんに伝言してください。身体が一番大事ですから~~