反日運動  中国国民は本当は・・?

もう、静かになったのかと思っていたら、、又中国で「反日運動に火がついた」ようで、日本からの企業のイトーヨーカドーや伊勢丹のお店のガラスを割り、「日本商品不買運動」も起こっているようです。
今回は多くの学生が反日運動をしている。これからの学生が~~ショックでした。

京都新聞に、「読者の窓」と言う投稿欄があります。
先日、この投稿欄(勿論、無記名)に意見を述べられていたある男の方が
「我が妻は中国人だが、その中国人の妻でさえ、今回の中国のとった態度は問題だ、、、」と自分の尖閣問題の意見を述べた後に少しだけ付け加えて書かれていた。

それから数日後、彼の中国人の妻は自分自身の身の回りのもの全てをもって家から出て行ってしまった。
「もう、帰らないだろう・・」と日本人の彼は言う。

彼の妻は中国に両親も兄弟もいる。彼らに危害を及ぶのを恐れたのか、彼女は出て行ってしまった。


この話を聞いて、、、日本人は驚くだろうなぁ~。その日本人のご主人も「此処まで恐れる」とは思っていなくて投稿したのだろう。
中国は「共産国」でした。一つの「思想」は人権を認めない。

今回のノーベル賞平和賞を受けた劉暁波氏。中国は全て認めてはいない。
f0181394_1565092.jpg

経済は自由化にして<金儲け>をしても民主的な<国づくり>はしてはいない。
多民族な中国では共産国として<人を抑えなければ><統一>出来ないのだろうか。

どちらにしろ、矛盾した事柄ががマグマの様に中国国内(中国民衆)にあるのは確かのようだ。
その民衆の<不満>を何処かへ向けていかないと中国政府は統治できない。
そこで出てきたのが「日本」の様に思う。
この、「反日運動」で民衆の不満を摩り替えて、「中国の民主化」に目隠ししてる。
「日本」って、恰好な標的になりつつある。

我々は冷静に対処しないといけないが、隣同士の2000年の付き合いがある中国は近くて遠い国なのだろうか?
<金儲け>だけで付き合っていては国民同士は分かりあえない。

インドから中国を通り日本にやってきた「仏教」も日本で日本なりの仏教になり定着した。我々が学生の時に学んだ「孔子や孟子」も中国では多くを吸収せずに、多くの中国人は、日本人より、その精神を受け継いでいない・・・らしい。

華僑として、世界で<金儲け>をしてきた中国人は同じ東洋人なのに、、、如何してこんなに<仲良くなれない国>なのだろう?2000年の中で仲良くした期間が殆どない中国と、日本はこれから如何したいのだろうか?

中国の民主化なしでは、国民同士の開かれた真の自由な<会話>が成立しないように思う。
中国の民主化を望みたい!
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-17 15:08 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/14806487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 鎌倉トランプ at 2010-10-17 22:23 x
正に正に正に、、その通り!、、だと思います。
Commented by kaorise at 2010-10-18 18:09
yukiwaaさんに賛成です。
民主化って、ひとりひとりが自分で考えることのできる環境でもあり
ある意味、個人の自立を促すシステムであると思います。
こころが自立していないと、対話も会話もできないですしね。
私は中国は素晴らしい文化と歴史を持っているから、そういう意味でも
もう少しエレガントにふるまって欲しいなと残念に思います。
、、とはいえ日本もそういう所(文化面)は耳が痛いかも!
Commented by yukiwaa at 2010-10-18 22:21
トランプさん!こんばんわ。
中国にいる日本人が心配ですが、特に危害はないでしょうね。彼らはデモするにも、お国が許可しないとできなんだから、計算済みなんでしょうね。
中国が真に豊かになるためには「民主化」が急がれる・・・と思いました。
Commented by yukiwaa at 2010-10-18 22:26
kaoriseさん!こんばんわ。
そうですよね、全ての人に言えると思うのです。「心が自立してないと対話も会話もない」
中国の素晴らしい文化は「文革」で殆どが失われ、継承されずに今日まで来てます。
中国を通り日本にやってきた「文化」が華を咲かせているのも多いそうです。
共産国は「伝統」はいらない・・と言う出発点だったのでしょうね。
Commented by toco at 2010-10-19 02:05 x
こんばんは。
今回のお隣の暴動は、殆ど内陸部でしたよね。
あの国は上海や広州などの沿岸部と、内陸部の経済や生活レベルの格差が激しいのです。前からそうでした。
西安なんて、昔の唐の長安という歴史のある街なのに、上海に比べると、本当に何もかもが暗かった...
その上、彼らは勝手に働く所の移動ができませんでした。
今はどうなのかよくわかりませんが、少し前まで、たとえば四川省の人が、上海で働くことは簡単ではありませんでした。大学も他省の人は人数制限されていました。つまり内陸部に生まれた人は、一生内陸部という「生まれた場所による格差」が若い人達の前に立ち塞がっているのです。このことは、昔から問題になっていました。
内陸部の人は不満を抱えて生きています。でも、その不満を政府にぶつけることができないので、過去に因縁のある日本が不満の捌け口になっているのです。それと、あの国はあまりにも「巨大な龍」すぎて、この巨大な国をまとめるには「共産主義」で締め付けておかないと、国の体を維持できないのだと思います。続
Commented by toco at 2010-10-19 02:09 x
続きです、長くなって済みません...
本来、この国の人は最も社会主義的ではない民族です。民主主義の国であるはずの日本人の方が、ずっと社会主義的な考え方で生きています。
実際、あの国の人に一番効果があるのは「罰金刑」です。過去にもマナー向上の為に、国や省は「罰金」で国民を統制してきました。
例えば「道に唾を吐く」とか「窓からゴミを捨てる」とか...少し前は、こんなことも罰金で取り締まっていたのです。日本人が東京オリンピックの前に、マナーに関する行動を「罰金」で取り締まられたことなど無かったのではないかと思います。だからおそらく「反日デモ」や「暴動」を起こしたら「罰金刑」にすると言われたら、たぶん殆どの人が参加しなくなるでしょうね。国土も人間も多すぎて「民主主義」で束ねることが難しいから、今の主義で押し通そうとしているような気がします。
でも、一人ひとりはとてもいい人が多いのですよ。
うちの娘はどこに行っても、誰からもよく可愛がってもらいました。
ただ、ただ巨大すぎるのが、一番の問題だと思います。あの国の繁華街の交差点や、列車の駅に立つとそのことをよく実感できます。
以上、かの国に8年近く住んでいた者の実感です。
Commented by yukiwaa at 2010-10-19 20:59
とこさん!こんばんわ。
さすが8年も住まわれていた人の実感溢れる<中国人の現状>ですね。
全て、なるほどですね。特に人が多すぎる、国が大きすぎるが一番の悩みなら、チベットやその他の共和国を解放すれば良いのに、、と思います。
確かに孔子等の精神性も日本人に定着しているほど、中国人は感じていない。同じ東洋人でもこれほど、<感性がちがうのか>と今回つくづく感じました。
中国にも、多くの知的レベルの人がおられるでしょうが、今は生かされていませんね。
格差があるのも知っていましたが、大学生の半分が就職できない現状にはビックリしました。
あれほどの経済成長をしていても~~やはり13億人を満足させるのは難しいでしょうね。