好き嫌いは我がまま、、、

アミノペピチドとビタミンCを採ると、FF値が高くなり<疲労回復>に効果がある。

・・・・・・テレビの健康番組でやっていて、1週間の料理レシピを実演で公開していた。
面白そう!・・・夏だし、熱いガス台の前で料理するのが億劫で、料理のメニューがなかなか浮かばない今日この頃にはピッタリの番組でした。

アミノペピチドを多く含むのは、「鶏肉のムネ肉」。・・・・安いし、コレステロールが高い人には良い肉だ。
ビタミンCを含む野菜は、ブロッコリー、モロヘイア、ピーマン、ゴーヤー、紫蘇、パプリカ、カブラ。

炒め物。生サラダ。春巻き。お好み焼き。キンピラ風に。・・・味付けもカレー粉味。酢からし。たらことマヨネーズで和える・・・と色々。

早速、鳥専門店で、ムネ肉を7切れ・・・2K700gを買う。今週はこれで行こう!

帰るなりハッスルして、「ムネ肉とパピリカとチーズの焼き春巻き」と「パピリカtとキャベツとキュウリとムネ肉の生サラダ」を作りました。勿論スープも。

でも、でも・・・・です。
旦那食べるなり「これ、なまやん、、、」と言う。
「ナマじゃないよ、チーズやん」というも顔をしかめて無理やり食べている感じ。
息子も座るなり、「チーズ入ってないのん、ないの。これは食えんわ。あかんで。」と箸を少しつけただけで、海苔で食べだす。

「チーズが溶けて駄目なんだなぁ~もっと固形のチーズ入れれば良かったんや」と私が言うと、
「チーズがダメなんやから、固形にしても同じ。日本語分かってる?」
・・・・憎たらしい言い方。

一晩置いて食べたら、チーズは固まっていて「案外いけたわ!」と旦那。
「遅いわ!あの子はあんたと似てるね。難しいのが二人も家にいらんのに、、、」と私。
「確かに、味覚も似てる、、」と笑う旦那。

笑いごとじゃあないわ、、、と内心<ムッ>。

f0181394_14361036.jpg

畑で取りたてのトマトとなすび・・・楽しい畑仕事から頂いたご褒美。お客さんから頂きました。
今日はこれで、なすびの煮浸し・・・息子が嫌いな煮浸しします(笑)

f0181394_14391592.jpg

旦那が珍しく買ってきた「茶碗」
[PR]

by yukiwaa | 2010-07-30 14:41 | 食べものモグモグ | Comments(7)

Commented by toco-luglio at 2010-07-30 18:40
こんばんは
すてきな夫婦茶碗じゃないですか!仲良し、仲良し~
メニューを見ただけで、美味しそうで、私は「食べてみたい!」と思ったのですが...
お母さんが、家族の事を考えて作った料理なのにねぇ、箸をつけただけで、
海苔で食べるなんて...息子さん、新婚でそれやったら、今時の嫁は家出しますよ(笑)
Commented by yukiwaa at 2010-07-31 13:12
とこさん!こんにちわ。
<家出>する嫁もいないので、今のところはその心配はありませんが、何時までも母親には「こんなです、、、」家だけでしょうか?
母親には<甘え>」がでるんでしょうね。父親には決してタメ口は言わないのに、、、
難儀だけど、受け止めてるうちに息子も何時か、成長するでしょう!。
Commented by toco-luglio at 2010-07-31 15:00 x
こんにちは。
息子さんは、お母さんに甘えているのだと思いますよ。文面から伝わってきます。^^世の中の男性年齢・国籍に関わらず、何でも受け入れてくれるのは母親だけだとわかっているのではないでしょうか...
娘の場合、母が自分達のために作ってくれたんだから食べなきゃ...と思ってしまう。娘は母にこんなふうに甘えられないんじゃないかと思います。反対に父には甘えられますね。いつまでも永遠に頼りがいのある人は父と思ってしまう。でも、夫婦は所詮他人なんです。
なのに、夫は妻に母の部分を求め、妻は夫に父の部分を求めてしまう。他人は何でも受け入れてくれるわけではないのに...
と、ここで最近感じていることを書かせてください!!!
最近の児童虐待、若くで離婚してお母さんが一人で子育てしていたケースが多いですよね。今回の大阪の事件の母親は23歳。
23歳なんてまだ子どもですよね。あの亡くなった子ども達の父親は何していたのかと思います。
たぶん母親と同じぐらいかと推察しているのですが、子どもは一人でできた訳ではないのに、無責任極まりない。
続く
Commented by toco-luglio at 2010-07-31 15:21 x
23歳で二児を抱えて、風俗産業で働かなければいけなかったなんて、あの若い母親には、彼女自身にも帰る場所も頼れる人も無かったのでしょう。そして、一番可哀想なのは、無責任な親の犠牲になった子供達。今は安易に性行為に走って、妊娠したら生めばいいと思っている人が多すぎます。でも生んだら、その子に対して全責任を負わなければいけない。それが一番大切なことなのに、その覚悟もなく産んで、実際にはそれに疲れて育児放棄してしまう親の多いこと。親になる資格も覚悟も無い人が親になっているから、こういう事態になる。こうなったら、安易に親にならないように教育していくしかない。まず親が自分の子の性教育に責任を持つべきですね。父親は息子に母親は娘に、親の方が自分の子の性格を熟知しているのですから、自分の子に応じた性教育をすればいい。そして万が一、自分の子が若くして親になるような事態になったら、祖父母も責任持って関わるべきです。その若い親を育てたのは自分達なんだから。今回の事件の祖父母はおそらく私達の世代でしょう。行政にあれこれ言う前に、この両親の親は何やってたの?と、怒りを爆発させている私です...記事に関係なくなってしまってすみません...
Commented by yukiwaa at 2010-07-31 20:25
とこさん!こんばんわ。
昨日店番をしてる6時過ぎ頃、下の息子から電話でした。「今日は飯、いらんし、、」「食べてくるの?」「うん、悪いけど」と言う用件でした。
全然音沙汰もなく食べて帰る日もあるのですが昨日はその前の夕飯での「一件」が気になっていたのか、、わざわざの電話でした。私はお昼に帰り、その時に夕飯の用意はだいたい済ませるので、6時過ぎに電話してもらっても大方出来てはいたのですが息子の嫌いな「なすびの煮浸し」と魚だったので、もう一品、息子の好きな「オムレツ」でもミンチたっぷりに入れて作ってやろうと思っていた矢先でしたので、もう、一品作らずにすんだ電話でした。
息子は、この様な態度で私に「言いすぎたモード」を見せます。この子は結構デリケートなんだと思うのですが、・・・私は知らん顔して受け止めるのです。

つづき~~
Commented by yukiwaa at 2010-07-31 23:05
1歳の男の子と3歳の女の子、写真が3面記事に載っていました。楽しそうに遊具で遊んでいる姿でした。母親もブログで「楽しい親子」とか?言う題名で育児の事を書いていたようでした。楽しく~~楽しく~~頑張っている母親の姿と子供の姿を。
・・・・・・・・・・・・・、、、、侘しいですね、、、
愛情、たっぷりのとこさんから見れば、可愛そうを通り越して、「怒り」がこみ上げてきますね。
育てるのが嫌になったなら、「児童所」みたいなところに助けを求めれば良かったのに、その<知恵>もなかったのでしょう。
3月から6月にかけて、4,5回福祉施設の人が訪ねているんですよね。もっと、積極的な対応をしないと、このようなケースは跡をたたないでしょうね。
私の友人に遠方から出てきて京都に住んでいる人がいますが、その人は「地方で食べてゆけないから出てくるんだから、娘もどこかで如何にかやってゆくモノだと思っている、Oさんは嫁に来るまで親元にいたから、私たち地方から出てきて働いているものと子育てが違う」と言われて事がありました。
つづき~~
Commented by yukiwaa at 2010-07-31 23:05
彼女から見れば私は愛情過多に見えたのだと思います。
娘さんが18歳で家を出たのですが、結構「あっさり」していて、私が横でヤキモキしてました。
その辺のそれぞれの親の子育てもあるんでしょうが、今回は論外ですね。
確かにすべての周りの大人たちが愛して大きくしたいですね。
でもねっ、私たちの息子やあなたの娘さんは若くして親になっても「大丈夫」だと思います。こんなに愛情たっぷりに育てられて子はその様な事には決してならない。大丈夫よ!あなたの娘さんもあなたが思うより
<火事場のばか力>をだしていざと言う時は対応するでしょう