ひきこもり70万人・・・

ひきこもりの若者が(15歳~39歳まで)が70万人。
予備軍が155万人。

・・・・胸が痛い数字ですね。

仕事をしながら、主人とこの事で話しました。
私が近視眼的に物事を見るとしたら、主人はとても、客観的に物事を見ます。
彼の考えは時々、「なるほど・・」と思わされるので、話を聞くのが結構面白いのです。

「ひきこもり、ひきこもり・・と大きく取り上げるが、昔からあった事で今は病気の様にいいすぎや。」と彼。
「でも、何でこんな状態になるんやろう?」と私。

「当たり前やんか、なるべくしてなってる。小学生の頃は遊ばせばいいんや、塾だの、習い事だの、、、親の欲求で子供を育てている。子供の欲求の通り育てればいいんや、親の欲求ばかりや」と。

「でも、親として教える事あるし、それだけでなんで<ひきこもり>になるの?」と私。

「親の欲求を充分にこなせなくて、子供が自信をなくしている。だから外に出れない」と彼。

「勿論、単なる怠け者。親の甘やかしが原因の場合もあるだろうけれど、多種多様。」と彼。

「何が原因なの?社会なの?学校なの?家庭なの?」と畳みかけて聞く私に、
「原因は一つではない。それぞれのケースで違うだろうけれど、子供が自信をなくしているのが大きい気がする」と彼。

「如何すれば良いの?」と対処法を聞く。
ほっとく以外ない。でも30過ぎて働かずに食べていけるのが不思議やなぁ」と彼。
「親が面倒見てるんやろうね」と私。

店のやりくりで頭がいっぱいの時、私は息子達に一番に願った事は「自分で食べて言ってほしい。自立して欲しい」その一点だけでした。
そんな状況でしたから、学費も考えました。簡単には出せませんでした。本人の<本気度>を何時も見てました。
その様な状況では、家で無職でいるのは針のムシロ状態です。だから彼らは知らぬ間に<仕事をせんと生きてゆけん>・・と言う事を肌で勉強したと思うのです。

少しずつ、少しずつ、子供に対する親の対し方を変えれば、、、良いのでは・・と思うのですが。親が変わらないと彼らは本当の自分を見つけられないのでは思うのです。

それは今まで積み上げている親子の関係があるので大変だと思いますが、いままで子供に押し付けていた(親は子供の為と思いした事)<親の欲求>があるなら、それを子供が聞き分けて真面目に生きてきた年数・・・例えば小学生から塾へ行かせ、中学生時代もその様にしたならば、4年+3年=7年は子供が生きなおさないといけない期間では?と思うのです。その間を親はジート見守る以外ないのです。

もっと長ければ、もっと長く年数はかかるかもしれませんが。彼らが自由に生きて多くのモノを楽しみ吸収する時期に彼らは十分にそれらが出来ずに、狭い世界で頑張り続け、疲れて、、自信をなくしているのではないでしょうか?

親は子供の為、何時か大きくなると分かるだろうと・・思いした事が、逆効果に出ている。
子供はそれらを消化できないでいたのではないでしょうか?勿論消化して素直に大きくなり、親のしてくれた事、全てが「栄養」になる子もいるのですが、多種多様なんですね。子供の個性で違ってくる。

一番身近に、彼らに対処出来るのは「両親」でしょうね。

ためらわず、覚悟を決めて方針を決める時でしょう。
親は元気でそれらを続けねばなりません。親も自分自身との戦いになることでしょう。

そんな時期は誰もが通るのです。彼らは、何かを訴えているのではないでしょすか?

一人でも多くの若者が、働いてお金を稼ぎ、自分の好きなものを誰の目も気にせず、
買う事の自由を感じて欲しい。

以上は母親としての私の狭い<見識>の一つです。
間違っているかもしません。お気を悪くされた方がいたら、ごめんなさい。

f0181394_9562815.jpg

土曜の丑から3日3晩干します。干せば美味しい梅干しが出来る・・・何故でしょう?
[PR]

by yukiwaa | 2010-07-26 10:02 | 生きものいきいき | Comments(6)

Commented by kaorise at 2010-07-26 13:43
今年の始め、婦人公論のルポのお仕事でこのひきこもり問題のイメージフォトを撮影しました。
ルポの内容は衝撃的で、もう立ち直れない人も多くいて彼らがどう老後をすごすか、
計画するためのファイナンシャルプランナーまでおられる状況です。
もはや、働けと言っても本人に気力がない、という現実があって
その現実に即した対応をしていくしかない、という考えも出てきているようでした。
結局こどもは親の真似をしているだけだと私は思います。
親が自分の体面にばかり向かず、人間としての自分の生き方は?と
問いながら生きる強さがあれば、子供にもそれができると思います。
Commented by 茅ケ崎サトウ at 2010-07-26 14:00 x
梅干8k干しあがりました。
例年より太陽が強く、シワシワの梅干です。

子育て難しい!!!
これがOKという時なかなかないもの
いつも試行錯誤。
今のところ我が家はフーフー言いながら、社会とつながっています。

Commented by yukiwaa at 2010-07-26 23:00
kaoriseさん!こんばんわ。
あなたは鋭いですね。確かにそのような<現実>は片方であるようです。でも渦中の方たちは努力を惜しまずされるのでは?と思い、希望を持って書きました。

親が強いと子供も強く生きられるのでしょうね。親は何時も強く生きたいものですが、そうも行かない時もあります。昔ならそれはそれで如何にか社会が子供達を看たものです。今はその「絆」もない。社会が寂しく、合理的な解決法しか考えていないのは何故でしょう?
学校も無責任です。もっと真摯に向き合えば親だけの問題ではないでしょうに。
お互いが頼れない関係になり、それをよしとするのも如何かと思います。難しい問題ですね。此処までくるまでに如何にか出来なかったのでしょうか?
Commented by yukiwaa at 2010-07-26 23:07
佐藤さん!こんばんわ。暑いですが元気ですか?
織りは如何ですか?何か織られてますか~~?
8kの梅干・・・漬け応えがありますね。私は3kの根つきのラッキョウの掃除で体力をなくしました。山椒の掃除も時間がかかり、それに甘酢の生姜も漬けたの、美味しく出来ましたよ。
梅干はその家庭に不幸があった時は漬けてカビなど生えると「不幸」が続く・・・といいますが、今回甥っ子がなくなり、梅干は漬けようかどうか迷いましたが如何にか大丈夫そうです。

我が家は「捨て育ち精神」で子供に接してます。やっとですが、、、
Commented by saheizi-inokori at 2010-07-27 08:21
私も親の生き方だと思います。
自分が不満だらけでそれを子供に期待することでごまかそうとするようなのは論外だと思う。
親が必死になって生きていればそれは子どもに映るとおもいます。
もっともいろんなケースがあるでしょうから一概には言えないことも事実ですが。
Commented by yukiwaa at 2010-07-27 13:11
佐平次さん!こんにちわ。
今日、主人と突っ込んでこの話しました。
主人の意見ですが、「政治の責任が大きい。戦後アメリカからの文化や色々なアメリカの価値観が入ってきたが、受け入れて良いものと、決して受け入れてはいけないモノがあったが、それらを選別せずに全てを日本に入れた。それらが今の日本を狂わせている」と。

もっと深い意味があるのですが、、、此処までで。
私は親だけではこんなに多くのひきこもりの方は出来ない・・と思います。あまりにも変わりすぎた日本。でもあくまで日本人としか生きられない人もいます。
長男は「日本は、アメリカになるん。いやや、言うてもなるわ、、」と言います。
考えさせられます。
私たち、日本人って何処が日本人?