天橋立へ・・・

珍しく主人が言った。
「今度の月曜日は何か用があるのか?」
「ううん、家にいようと思う」
「それなら宮津か舞鶴あたりへ魚を買いにいこうか」
「うん、いいなぁ」
「ついでに温泉でも入ろうか、・・・用意しとけや」
「そりゃぁ、いいやん」

こんな夫婦の会話は昔は1年に何度かありました。
此処10年は店の経営も厳しく、息子達も中途半端でナカナカ何処かへ夫婦で行こうという気にならなかった旦那でした。
私も半分諦めて、一人で出かけることも多くなりつつ、それはそれで楽しいのですが、やはり珠には夫婦で・・と思う日もありました。

次男にも「お父さん達、温泉位行かんの?」と真正面きって言われてました。「そんな余裕ないわ」と旦那は笑っていましたが、それもきっかけになったのか、息子たちが少しホッと出来る状態になったからか、自宅のローンが来年には終わるのが、彼をホッとさせたのか、久方ぶりに車を走らせることになりました。

f0181394_14504883.jpg

走っています・・・・京都縦貫道路。民主党の高速無料の区間、和知までは無料です。
f0181394_14541544.jpg

由良川パーキングにて。後ろの山は大江連峰の〇〇富士。
f0181394_14562712.jpg

日本の滝100選の一つ・・・金引きの滝。宮津に行く途中で見つけました。
f0181394_14574959.jpg

若い子が着るようなTシャツを買いました。
f0181394_14593852.jpg

天橋立・・・松並木
f0181394_150113.jpg

又覗き・・・風景が逆さま。
f0181394_150461.jpg

鍵島と鍋島。・・・多分?
f0181394_1524591.jpg

酒袋で作られたチョッキ・・・旦那のチョッキです。

勿論「温泉」も入りました。地元の人に聞いた<ホテル北野屋>の露天風呂へ。100%温泉で
「天橋立温泉」と書いてあり、3時ごろの入浴だったので「貸切り状態」でした。気持ち良い~~~!

魚ははまち60cm位のを1匹。カワハギを3匹。小さめのキスの一夜干しを網一杯。醤油漬け干物、鯵4匹。
ホタルイカの湯がいたの一もり。わさびの葉と海苔の佃煮。
・・・・夏なので、干物が多い。
それにカサブランカの球根。入れ放題300円。
帰ってからの暑い日の植え込みにお金も時間もかかりました。でも不安?咲くんだろうか、芽が出ていた球根でした。植える時期も早過ぎないだろうか。

帰りは渋滞に巻き込まれ主人は帰るなり、ダウン。
「無理させたね、、、」とねぎらった・・・つもり。

主人と久方のデートでした。
頬紅を5年ぶりに買い求め、シミ隠しに使いました(大笑)
[PR]

by yukiwaa | 2010-07-23 15:11 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/14250662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2010-07-23 19:47
いい旅でしたね。
30年も前でしょうか、家族で天橋立に行ったことがあります。
懐かしいなあ。
Commented by toco-luglio at 2010-07-23 21:09
こんばんは~
暑かったけれど、最高のご旅行でしたね!!!
ご夫妻の熱さも記事と写真から伝わってきました...
これからは二人で...いろいろ楽しみですね。
十兵衛はお留守番でしたか?
帰宅された時の喜ぶ様子が目に浮かびます。
Commented by yura-tami at 2010-07-24 09:37 x
あたたかいお話、ありがとうございます

久しぶりのデート、ゆっくりすごされたようですね!
金引きの滝・・・マイナスイオンがこちらまで届くようです

若い人が着るようなTシャツとかかれたyukiwaaさん^^
全てが、すごく楽しめた雰囲気に包まれてます
Commented by kaorise at 2010-07-24 12:59
美しい写真に、良いお話しですねえ。
お二人でささえあって励ましあい、苦労なさったのだなと伝わってきました。
しかし、苦労しただけ、小さなことすら人の何倍も感動をくれますよね。
自営業はほんとうに大変です、、ここまでやってきたお二人はすごいです。

私は20代から十数年、遊びもせずに写真の会社を経営するパートナーを支えて
仕事に家事に毎日なりふりかまわずがんばりましたが、、
彼が途中であまりの苦しさに経営を投げ出してしまい、大変でした。
必死で働いて立て直して、別れることでやっと解放されたけど、
最後まで二人三脚できなかった事は本当に残念です。
yukiwaaさんのようなしみじみとした旅行をするのが私の夢でしたが
苦労を感動に変えることのできる人とできない人がいるのだ、と教えられました。
でもこうして、、夫婦二人で色んなことを乗り越えて良い旅を
なさっているyukiwaaさんを拝見させて頂いて癒されました〜!
Commented by yukiwaa at 2010-07-24 13:14
佐平次さん!こんにちわ。
そうですね。近場ですが、子供達が小さな頃にも来てるので、それこそ、20年以上前ですが、車を走らせる気になってくれただけでも嬉しい事でした。
Commented by yukiwaa at 2010-07-24 13:19
とこさん!こんにちわ。
歳と体力が続けば、又行きたいですが、主人は相当、無理してるので、私ほど<元気>ではないですね。今回の旅で主人の<老い>を感じました。気持ちは相当若いけれど、、、昔とは違うなぁ~と感じて余り無理は言えないなぁ~とも思いました。小さな事でも嬉しいものですね。

海を見てご機嫌な二人でした。十兵衛はクーラーのついた家で留守番です。暑さに弱いので、小さな車で長時間は無理だと判断したのですが、今度、涼しい時は連れてゆきたいものですが、ゲンほど車に慣れてない坊ちゃん犬なので、考えますね。
Commented by yukiwaa at 2010-07-24 13:23
yura-tamiさん!こんにちわ。
久しぶりのお出かけでしたので、すっかり楽しみました。主人は本来ドライブも旅行も好きな人なのですが、責任感が強く、やはり自己規制していたんでしょうね。そのてん、私は「気楽トンボ」でした。やっぱり、男は辛い!(笑)
Commented by yukiwaa at 2010-07-24 13:39
kaoriseさん!こんにちわ。
ものすごーく、分かります。私たちは店をして25年。私が35歳主人が37歳の時でした。息子たちは6歳と3歳でした。
景気もよく、順調に滑り出しましたが、「人を使う」事に主人は神経をすり減らして、私とのやり方の違いで何度ぶつかり、「店を投げ出そう」と思ったことか・・・個性のきつい二人でしたので、ケンカすると派手でした。
でも二人に共通な点は責任感と、働き者と、子供を守りたいと思う親心
だったように思います。
結婚した時から「やりくり」ばかり考えて生きてきたので、店をしてもその癖が取れず、それが景気が悪くなってからの<助け>になりました。

でも滋賀県生まれのお母さんをもった主人は、今に思えば、それが幸いでした。「辛抱」する人は強いですね。彼は何時も「我慢の子」でした。それが生まれたときから身についている。違う意味では自由人ですが、その辺が私とリズムが狂う時もあったのですが、年数は全てをミキシングしてくれました。
頑張る事があるkaoriseさん!すごい!と何時も思ってます。
しみじみと楽しみたいですね~~