お姑さんの教え。  Nちゃん!おめでとう!

今度のお休みは<中華料理>を食べに行こう・・と昨日までは考えていたのに、、
美味しい店も見つけていたのに、、、
何故か今日は
f0181394_1831666.jpg

ロールキャベツ。暑いのにロールキャベルになったのは?私が野菜室にあるキャベツを忘れていて、又一玉
キャベツを買ってしまったからです。
野菜を片付けないと、、大変!それで、ロールキャベツになりました。

昨日は、秋に結婚する玉ちゃんの娘さんNちゃんと話した。
彼女は医療事務の仕事をしていて、今年の夏で28歳。
短大を奨学金制度(お金を返さないでいい方)で出て8年、しっかり貯金も出来たようでした。
結婚に関わる全ての準備を二人でするという。


「私は娘たち3人に自分でしてもらってる」・・という玉ちゃん。玉ちゃんは苦労して此処まできた人でした。
3人の娘さんは独立心が強く、自分でするのが「当たり前」と思っていた。
末っ子のNちゃんもお姉ちゃんたちと同じく自分でするらしい。

今回、嫁に行くのが「滋賀県の自営の方」と聞いて、私の姑も滋賀県生まれでしたので、「滋賀の人は~~
近江商人は~~」とか色々話してきかせた。

私が嫁に来たときは主人は五男でしたが、姑さんは「家賃分位は働けますやろ」と言われた。
そして、もう一つ「男さんが仕事から帰って、家に電気がついてない・・というのは働き甲斐がないもんです。
先に帰って電気位はつけなはれ~~」京都弁でやんわりと、しかしながらポイントを得たお姑さんの言葉でした。
電気・・・と聞いてデンキだけつける人もいないでしょう?それは夕飯・・とう婉曲的な言葉だと聴き取りました!出来の良い嫁ですね(笑)
私は若くて世間知らづ・・・そんなモノなのかと・・しっかり素直に聞いたものでした。

その話をすると、Nちゃんも同じような事を言われていたらしく、頷いてました。
若い子ですが、すむ家もお姑さんが決めるそうです。
ご主人になる人はトヨタで営業を勉強して今年春に辞めて、家業の「自動車販売と修理の会社」を継ぐようです。
3代目です。継ぐように教育された子のようで、若いけれど派手なデートはしません。
「おばちゃん、王将で食事するんやで」という。
「何言ってるの、おばちゃんなんか始めて貰った誕生日のプレゼントが500円のTシャツやで・・」
Nちゃん、これには驚いた!!
「あはは~~」3人で笑った。
「DNAは怖い、今でもおっちゃん、お母さんに似てる部分を堂々と出すようになったから~~」
「DNAってあるよね」と玉ちゃん(Nちゃんの母)

私のお姑さんは生きていれば100歳。Nちゃんのお姑さんは50代後半らしい。
時代を超えて息づいてる「滋賀の女の教え」・・・すごい!!と思った。
・・・そうです。筋金入りの倹約家です。しかしそれは「家」を中心に考えての事。
冠婚葬祭はそれは、キッチリ世間様に恥ずかしくないようにする・・それが彼らの<家意識>かなぁ~

ひょっとしたら、私がロールキャベルにしたのはお姑さんの影響??
だって外食するの、完全に忘れて・・・
「キャベル、、キャベツ、、キャベツが2個ある、、」と頭の中は、2個あるキャベツでいっぱいでしたものね(笑)



========================================================
↓に変な広告が入るようになりましたねっ。エキサイトの方で考えているんでしょうか???
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-28 18:56 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/14075175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aamui at 2010-06-30 19:34
この頃してないロールキャベツ あるのに買っちゃう!あるある!でもきっぱりと買いすぎは止めます ストレスになるんだんもの・・・・
Commented by yukiwaa at 2010-07-01 14:23
aamuiさん!こんにちわ。
野菜は身体に良いし~~とか考えているうちに野菜室が満員になりました。覚えてないんですね。野菜室にあるものを、、
長男が出てから、野菜の減り方が変わっていたのです、、、
気をつけま~~す。