経糸の張り方

織りの経糸の張り方には色々あるのですが、私は筬に本通ししてから、後ろから糸ソウコウへ通しバックへ巻いてゆく方法しかやった事がなく、前からソウコウへ通すなんぞ、、、それは<大変!>と決め込んでいたのですが、先日の裂き織りのかばんの時の機上げがとても時間がかかり、これでは、<埒があかん>と思いました。
そらで、簡単に巻ける方法をやってみました。
ラドルもないのに、綾返しをしなくて、バックフロントへ巻ける方法です。

まず、整経ですが、両方の端糸を輪にしたいので、往復で整経しました。
綾を取るポイントはもう、一つの輪から15cmしか離れていない所です。

綾をバックの胸木と綜コウの箱に八の字に結わえてつるし、ソコから綾から近い方の輪をバァクの棒へ通してしまい、適当に糸を離れさせ(取るべき横巾に)それから即座に巻取り、それから、糸ソウコウ、筬と通して前のバーの結んで通すのです。

織りの幅が気になったら、一度、前に巻取ってから、後ろに巻き直せば<とてもきれいに出来るはず>です、、

f0181394_1475298.jpg

これからです。整経の時に往復すると、片道は何時もの様に人差し指と中指を使い手のひらを伏せてますが、帰りはその手のひらをひっくり返すか、色糸を下に来るほうを裂きに掴みます。

あじろなど、色々の順番がある場合だけです。普通の経糸の場合は普通にとってもいけそうです。

織り機に慣れる為にも、1ヶ月に3回は機揚げしたいものですが、、、予定だけです。


f0181394_14121321.jpg

山椒でました!500g980円でした、山椒が高くて、、、と言う地域の方、送りますよ!
メールください!勿論、料金は持ってくださいね(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2010-05-25 14:14 | 織りものゆたゆた | Comments(4)

Commented by 鎌倉トランプ at 2010-05-26 21:58 x
こんばんわ。

頑張っていられますね。
経糸の張り方!、、本当にいろいろあります。
そのどれを選ぶか?は、やはり<織る糸>をしっかり見て一番糸を傷めず、糸のまま(変な言い方ですが)張れることでは、、と思っています。

*パン屋さんの他に<山椒屋>さんにならないでくださいね。(笑)
、、、でも「安い!」(笑)
Commented by toco-luglio at 2010-05-27 22:37
こんばんは~
前の「お西さん」の記事も、じっくり読ませていただきました。
夫の方も私の母の方も「お西さん」には深い関わりがあるのです。
「坂安」のHPも覗いてきました。
山椒、色鮮やかですね。
山椒を使ったお料理もまた、ご紹介下さい!!!!
Commented by yukiwaa at 2010-05-28 21:52
トランプさん!こんばんわ。
今月は織り貧乏です、、、

やはり<織る糸>をしっかり見て一番糸を傷めず、糸のまま・・・よく分かります。糸は大切です。この方法はデリケートな糸は向いていないようですが、サンプルを織りたい時、縦糸が綿、麻なら大丈夫そうです。
何度も機あげして、時間を短縮したくて、今回もやりました。
かまちも外れるので、前からでも楽ですが、後ろからでも本筬通しをするので楽かもしれないです。(筬の通しなおしがないですから)

段々、、、はまってきてます。これからもご指導、宜しくお願いします。

「山椒」・・・枝から取るのをラクして、今回は失敗でした。
ラクして、、、は駄目ですね。
Commented by yukiwaa at 2010-05-28 22:00
とこさん!こんばんわ。
ご無沙汰してます、、織りにはまって、15分労働を実行してます。
1日に15分はボーとしていればすぐに経つ時間でしょう?
それで、お店のワックスがけでも一気にやらずに15分、毎日するのです。そしたら、1週間位で完了します。疲れも少なくて、時間が余分に取られないので、その時間を織りに使います。
でも3日位で息が切れそうなんですが、、、

山椒、今回は時短を、、と思い(15分労働です)冷凍してから、袋の上から枝をゴソゴソして、山椒の実を採ろうとしたのですが、色が変わってしまい、台無しです。色が命でうからね。熱湯で通してから冷凍すれば良かったのですが、お店でしたので慌てました。

今度、京都に来たら「坂安」でお昼もいいですね。