15人の子供を生みました。

月曜日、病院の食堂で出会ったご婦人。
初めての出会いでしたが、“袖すりあうも多少の縁”と同席して、食事を取ることになりました。

色々な話の中でご婦人のお母さんの話がでました。
17歳で第一子を産み35歳で15人目の子供を生み、、93歳まで現役で働き、1週間も寝込まずに95歳で人生を全うされた・・なんと見事な人生なのかと思いました。

涅槃図を彷彿させる<死にざま>であったろうと思う。

そのお母さんに一度だけ、ご婦人が頼みごとをされた事があったそうです。
末っ子のご夫人が子供を二人産んだ時に母に「手伝いに来て!」と頼んだそうですが、お母さんは「二人位の子供で、何を言うてるの、子供達、皆に同じ事出来ないから手伝いには行けない」と言われたそうです。

その言葉が何時までも頭から離れず、力強く生きてきた母親の姿が浮かぶそうです。

“親の思いで”は優しくされた事よりも、ココ一番と言う時にその人の生きざまから出てくる<言葉>の重みが
心に残るかもしれない。
私にも実母とお姑さんから言われた言葉で忘れられない言葉があります。
その言葉が、いざと言う時に、萎えている私を奮い立たせてくれます。


京都新聞で川瀬直美さんが書いていた文章に
「今の若い人の自殺を嘆いています。
若い人たちよ!死にたい気持ちになったなら、十津川の奥の奥の村に行ってみてください、
そこにはいい顔をしたオジサンとオバサンが生活していて、その人達の顔を見たら、死ぬなんて、
なんてバカらしい事を考えていたのんだろう・・と思えるよ、
奥の村で生きているオジイサンやオバアサンを見たら、<生きる>ってこうゆう事なのか・・ときっと思えるから」   とありました。
もっと長い上手い文章でしたが、私の記憶で、、、短くなりましたが、心温まる文章でした。
この人のこの文章を読んでから、日曜日の10時にアルファステーショウンで放送されている番組を聴くようになりました。



二日続けて休みがありましたので、整経と経糸張りをしました。
f0181394_1412072.jpg

出来上がり。縫い上げるとクッションカバーです。
f0181394_14125379.jpg

糸まき~まき♪やはり草木染は優しい色ですね・・・自画自賛♪
f0181394_14141683.jpg

最近の整経台は「木組み」です。長い棒は取り外して収納できて便利。
これは着物の整経にも使われます。
f0181394_14155164.jpg

女あぜ・男あぜです。
f0181394_14162434.jpg

筬に糸を押し込んでいます。
綿の糸なのでもつれます。もつれ防止のスプレー・・・役にたちました。
f0181394_14174675.jpg

今回は筬に本通しをしてから、糸ソウコウへ。後ろからソウコウへ通してます。この方が楽な気がします。
f0181394_14195210.jpg

綾がえしをして、後ろに綾棒を置いてます。間違いがあった時に便利です。
f0181394_14204863.jpg

前から~~憧れの板を使いました。これから~~織ります♪
[PR]

by yukiwaa | 2010-03-18 14:21 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/13135902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2010-03-18 18:56
ちょっと視点を変えてみたり違うものを見たりすると呪文から逃れることが出来るのかもしれませんね。
Commented by yukiwaa at 2010-03-19 15:23
佐平次さん、こんにちわ。
人生を<土>と共に、生きてきた人は強いですね。
彼らから学ぶ事が、若い人たちにはあるのでは?と思いました。

15人産んだ彼女も<土と共に生きてきた人>でした。
昔の人は何故、あんなに強く生きてこれたのでしょうね。
Commented by yura-tami at 2010-03-20 11:44
yukiwaaさん>うちの義父もたくさんの家族で育ったので
ときどき厳しい一面がのぞきます

母親から学んだものは子へと受け継がれていくのでしょう
甘い親が増えてきたのかもしれません
谷に突き落として生き方を教えてやれる親が少ないこの頃・・・
わたしもyukiwaaさんのブログを読んで
親が子に教えるものが何なのか・・・
改めて親の勉強ですね!
Commented by yukiwaa at 2010-03-20 13:22
yura-tamiさん!こんにちわ。
私の母は苦労した人でした。姑と舅は<明治の人>。
それは、、、大変でした。慣れるまでは~~
5男育ちの主人にもその血が、、、面々と受け継がれてゆくんでしょうね。息子達が似ているところがあると、ヘッ!と思いますが(笑)
Commented by eaglei at 2010-03-22 11:52
この記事を読んで、何だか嬉しくなってしまいました。
温かい~♪
言葉って、本当に大事ですね。

「太郎を呼べば、太郎が来る」
あの記事も、忘れることがありません。
いつも思い出しているんですよ~♪

yukiwaaさんの人柄に、敬服しています。
Commented by yukiwaa at 2010-03-24 13:26
eagleさん!こんにちわ。
そんな<敬服>されるような人柄ではないですよ。
そのへんのおばさんです。

強く気持ちを持たないと、生きて来れない時代があったのかなぁ?
それだけですよ!!