法事

昨日は、お父さん(主人の父親)の33回忌でした。

法事の多い家でしょう。
今回は今まで、仕事で私だけに預けていた法事の出席を主人も店を休んで一緒に行く事になりました。
自分の親なのに、殆ど、私任せです。嫁だから当たり前・・という家風で育ち、私も知らぬ間に慣れました。
7人兄弟の主人ですが、一人減り、一人寝込みで、寂しくなりました。それでも、夫婦揃う所の方が多いので、それなりに集まります。

朝にお寺に集まり、お堂でお経・・・寒くて、、、寒くて、、、「どうぞ、上着はめしてください」とお寺さんも言われましたが、それでも寒くて、、、お経が終わり、お焼香をすませ、説法が終わる頃、身体は冷蔵庫から出たみたいでした。兄弟皆が私よりも年齢が高いので、冷えはこたえるだろうなぁと思う。

お経が終わるとお墓に参り、そこでもお経です。寒いですがお父さんを思い出しながら、、、お焼香です。
f0181394_15401422.jpg


そして、お寺さんに挨拶して、帰りました。お昼です。主人の実家は京料理屋なので、兄弟は此処で食事を頂きました。
とても、美味しい懐石料理でしたが、カメラを忘れていたので、、、画像はないのです。残念!!

年老いた兄弟、血のつながりはないのですが、こうして法事で集まる回数の多さで少しづつ、親しくなっていきました。・・・といっても<京都のおひと>身体の芯から暖かくなるような<付き合い>は無理ですが、それはそれとしての“良さ”があり、そこから、学んだ事も多くあります。

私などは7人兄弟の6番目、責任もなく気楽トンボですが、お姉さん(長男の嫁)は大変です。彼女の気苦労、〇〇家としての嫁の務めを粛々とこなしてゆくお姉さんには、教えられるものが多く、人として生きるとは、家を守るのを当然の事として、体の芯から叩き込まれているお姉さんは、到底真似できない存在です。

お兄さんが倒れてからは看病。
入院してからは4年と言う月日を殆ど、毎日お店の仕事をしながら、病院通い。
何時も楽しそうにお兄さんとの会話を話されるお姉さん。
お兄さんは殆んど、意志の疎通が出来ないのに、毎日お兄さんの好きな音楽を聞かせたり、野球を見せたり、孫の話を聞かせたり、地下鉄に乗り、または自転車で病院へ行かれます(自転車なら1時間です)

前回も今回もお姉さんが取り仕切る「法事」になり、皆に挨拶をする時に何時も、涙がこみ上げるようでした、言葉を詰まらせながらの挨拶でした。
きっと、この場にお兄さんがいないのが、残念なんだと思いました。

寝込んで10年がたちました。お姉さんがお兄さんにしてあげてる様に、私はできるだろうか、、、と何時も考えさせられています。
親戚の付き合いはこうゆう、先を歩く人からの勉強ができます。
やはり、親戚(人)付き合いも大切なんだと思う様になりました。歳でしょうか?
[PR]

by yukiwaa | 2010-02-21 15:41 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(6)

Commented at 2010-02-22 23:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-02-23 23:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2010-02-24 13:45
02-22 23:07の鍵コメさん、そちらへお伺いします。
会えたら嬉しいです!!
Commented by yukiwaa at 2010-02-24 13:53
02-23 23:39 の鍵コメさん!
大切にできる繋がりがひとつ、ひとつ消えてゆきました。
一番、思い出すのは私の母や姉達の事。今は亡くなりましたが、この様な義理のお父さんの法事で思い出してます。義理の姉妹は皆私の姉位の歳です。何で早く、逝ってしまったのでしょう?
法事の後で、姉達の事を思い出し泣いてしまいました。
義理のお父さんは幸せです。なくなっても皆、お父さんを尊敬してるようです。
義理のお姉さんは私の上の姉と同じ歳です。京都の女です。芯の芯から。真似できませんけれど、お兄さんに対する気持ちは教えられます。昔は大変だったんですよ、兄弟が多い分。乗り越えられたんですね。あなたも大事な人がいる間に会っておいてくださいね。。
Commented by yura-tami at 2010-02-27 18:56 x
わたしも法事の度に思い知らされされます
ご先祖さま故の今を・・・
そして、そのときに人とのご縁を大切にしないといけないと
思い知らされます
こちらの法事は自宅でやります
今日が大祖母の月命日でした・・・
母と父はよくご先祖さまのお務めをしてます
2人がいるから、私はまだ楽をさせていただいてる人間です
いつの日かわたしがご先祖様を守る日がくるとき
精一杯したいと覚悟は決めております
Commented by yukiwaa at 2010-03-02 20:52
yura-tamiさん!遅くなりすいませんね。今気がつきました。
大きな家の地方の方は法事を大切にされますね。
都会よりもより、日本的な習慣が残り、大切にされている事と思います。
我が家も兄の世代までは如何にか昔の習慣を守り続けてきました。
本家が京料理屋なので、その関係でお舅さんの一周忌は祇園の料亭でした。豪華でしたよ!とても驚きました。京都の昔の人は冠婚葬祭にはお金をかけたんですね。お兄さんは二代目なので頑張りましたが、3代目は不景気で泣いてます。

月命日や祥月命日は本家がしてくれています。大変ですね本家は。
私は真似は出来ないです。