簡単料理

簡単魚料理

f0181394_2015341.jpg

グジの酒蒸・・・・薄い塩水で洗い並べてお酒をかけて蒸すダケ!
1匹づつ、お皿に分けて出来上がり・・・所要時間数分。

f0181394_2018167.jpg

つばす(タラでも良い)を塩胡椒して、小麦粉をまぶしオリーブ油でこんがり焼く。その上に出汁にミリンと薄口醤油を混ぜた出汁をかけ、そこへ、酢を少し入れて、ごま油を入れ、ネギをたっぷりかける・・出来上がり。

f0181394_20215138.jpg

一般的な鯵の南蛮漬け・・・食べる分だけするのが時間の短縮。
魚は全て尾びれと内臓をとり冷凍しておく。・・・そのつど、から揚げして三杯酢に漬けるだけ。

後は「湯豆腐」したり、「キンピラごぼう」を添える・・・繊維質は身体に良い!


月曜日はお店と台所で使う布巾とつり銭入れを縫う、その後、経糸の直し・・・ここ、2,3日身体の都合が思うようにいかず、、、織はチョット中断。

f0181394_2026286.jpg

これがクタクタになると、旦那は捨てずに機械を拭くのに使い、その後も捨てずに包丁を磨く時の砥石の下に敷く、それでも、捨てない・・・京都人らしい、一面です。
f0181394_20304819.jpg

私も25年、縫い続けてきた、、、サンドイッチのナフキンも。<ご苦労様>ですね。
昔、朝のパートの人に
“汚れた布巾は洗ってから漂白剤につけて下さい”・・と言ったら
“奥さん!布巾ならなんぼでも、あげますから、ここまでしなくても良いですやん”と言われた事がありました。若い大学生もアルバイトしていたので、“これは、こうして洗い使います”と布巾の洗い方を学生に教えた。
掃除の仕方も、野菜の切り方も教えた。彼らからは<可愛い笑顔>と<しかっめつら>をもらった。


経糸はこうなりました。今は模様も出来てます。
f0181394_2037251.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2010-01-20 20:38 | シュトーレン・食べ物 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/12696066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 鎌倉トランプ at 2010-01-20 22:08 x
こんばんわ。
働き者のyukiwaaさんです。
{しかめっつら!}、、見えます。そうですね若い人には、、
「ここまでしなくても」、、と言いたいところなのでしょうね。

ご飯支度も、「簡単!簡単!」と仰っていますが大したものです。
酒蒸し!、、やってみま~す。

経糸直されたんですね。
気持ちよく織ってくださいね。
Commented by takoome at 2010-01-20 23:16
サワディ〜カ〜
ばたばたとご苦労さんなことや、
好き嫌い関係なく、人を使てたらいろいろあったんやろね、
私にはむずかしいゎ、

魚、涙が出ます。こっちの魚は不味い;;
Commented by yukiwaa at 2010-01-22 13:25
トランプさん!こんにちわ。
織の模様2種類織りましたが、マダしたいのがあります、、マフラーではなく、織見本の様になるかもしれないです。「模様が出るなんて」・・・去年、お世話になった頃から考えると、<信じられない出来事>です。

我々の生き方は、若い子から見れば「古い」かも知れないけれど、「勉強になりました」と「お礼」を言われたり、「結婚した」「子供が出来た」と知らせを受けました。
ある大学生は、北京大学へ行く資金作りにアルバイトしていました。もう、20年位前の話ですが、その頃、彼女が言っていたのは「1ヶ月の中国での生活費は5000円あると大丈夫、だから、モノポールで働いたお金で学費と生活費を稼いで北京へ行きます」と言う事でした。その後、如何したのか?知りませんが、その様な学生もいました。
あの当時は「教える・叱る」だけではなく、モノポール主催で「食事会」「ボーリング大会」「海水浴」とパートの人や職人達とよく出かけていました。私達も30代でしたから、元気でしたよ!
景気が良いと、人間関係も膨らんできますね。
今は長男が人を使うようになり、ヒヤヒヤしがら見ています。今の子のほうが難しいと思います。
Commented by yukiwaa at 2010-01-22 13:26
蛸さん!こんにちわ。
確かに日本は魚が美味しいんでしょうね。外の世界を知らないから当たり前と思っていましたが。
「人を使う」と言う事はモノポールでは殆どが私の「役目でした。急かれるパンの仕上げやサンドイッチを作りながら、同時進行で若い子に「出来るように教えてゆく」事は、大変でもありましたが、私の方も色々勉強できて、面白くもありました。教えた子は何十人ですから~~今は寂しいけれど、夫婦二人のお店になりました。時代の変遷ですね、仕方ありません、