神水しぶき  神輿洗い  

 祇園祭の神幸祭(17日)を前に、鴨川の水の神様を神輿へ迎える神事「神輿洗い」が10日夜、京都市中京、東山区の四条大宮で営まれた。法衣姿の輿丁(よちょう)たちが威勢よく神輿を担ぎ、祇園界隈に「ホイットホイット」の掛け声がこだました。
 その昔、鴨川のはんらんによる疫病と災害を恐れた人々は、荒ぶる水の神様を迎え、祇園祭を催してもてなすことで自らの守り神様としたという。
 午後7時40分ごろ、「中御座」の神輿が八坂神社を出発。松明の先導されて四条通りを進んだ。四条大橋の中央北側で神輿は止まり、神職が鴨川の神水を榊にひたして神輿へ振りかけた。橋の歩道には神水のしぶきを求める市民が詰め掛け、熱気にあふれた。
                            ーー京都新聞7月11日よりー

f0181394_23311814.jpg
祇園祭・屏風祭(杉本家住宅) 
 息子のお店の同じ町内・・同じならびにある。見学は有料です。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-11 23:32 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

Commented by miki3998 at 2009-07-14 20:12
杉本家は以前テレビで見たことがありますが、京都ならではの落ち着いた佇まいですね。祇園祭も期間が長く、地元のみなさんのご苦労があってこそ、観光客が満足して帰れるのでしょうね。鎌倉もみならわなくては。
ご無沙汰していて伺わないでいるうちに、なぜかトランプが…!?
Commented by yukiwaa at 2009-07-15 14:24
mikiさん!こんにちわ。
毎日お忙しいのでしょうね。お体大丈夫ですか?
杉本家は京都市指定有形文化財になってます。
主人の実家・・今は建物はないのですが、私が嫁いだ頃は少し小型版ですが、この様な風情の家でした。懐かしいです。この様な家は残してほしいですね、昔の人の「時間の流れかた」が分かる住まいです。