戦争を知らない子供達は還暦を迎えました。

《危うさの足音》(憲法記念日インタビュー)
京都新聞に載っていた“沢田研二さんへのインタビュー”

京都出身の歌手沢田研二さんが還暦を迎えた昨年自ら作詞した「我が窮状」を発表した。詩はあえて「憲法」や「九条」という言葉を使わずに、平和への思いを伝える。なぜ、今、ジュリーはこの曲を歌うのか。憲法記念日に胸のうちを聞いた。---とある。

抜粋しますーーーー
憲法は米国から与えられたと言う人もいるけれど、詩にも入れたように「英霊の涙に変えて 授かった宝だ」と思ういます。特に惹かれるのは九条の戦争放棄の部分。「やられたらやり返す」じゃない。一対一のケンカと国同士の戦争は違う。戦争は望まない人まで巻き込む。家族が犠牲になったら「国のために」では済まないでしょう。
 阿部晋三首相の時、改憲論が盛んに出た。今も九条が窮状にあることに変わりはない。大っぴらに・・・略・・・・個人の力はちっぽけなもの。でも、言葉には出さないけれど「九条を守りたい」と願う人はいっぱいいる。「諦めは取り戻せない 過ちを招くだけ」ですから。
 僕は戦争を知らずに育った。それでも子供の頃、四条通りで傷痍軍人さんがアコーディオンを弾いていたし。進駐軍もいた。・・・・略・・・・中学校の頃のいつも授業が脱線する面白い先生がいた。「時代が変わったからこんな話も出来るようになった」と言っていた。「忌まわしい時代に 遡るのは賢明ではない」と思う。・・・略・・・・
 年齢を重ねた者が若い世代に何かを伝え、礎石にならないといけないでしょう。一市民として、歌を通して発言し、背中を見せてゆきたい。

沢田研二は同世代・・私たちも「戦争を知らない子供達」でした。若い頃、よく歌ったものです。“戦争を知らんねんから・・なぁー”と。
でも今、我々は歳を重ねて「戦争を知らない子供達」ではすまなくなったのではと思う。
歳をか重ねた我々がはっきりとした「指針」をもち、それを国に望んでゆきたい。

勿論、「憲法九条」は守らなければならない。世界に「誇れる」憲法として。

若い頃のジュリーより太ったジュリーが素敵!大きなお尻をフリフリ、コンサートで歌ってたジュリーがいい。人間沢田研二に彼は戻った。
f0181394_14585074.jpg



戦争を知らない子供たち 【C】


作詞 北山   修
作曲 杉田 二郎


戦争が終わって 僕等は生れた  戦争を知らずに 僕等は育った
●おとなになって 歩き始める
  平和の歌を くちずさみながら
僕等の名前を 覚えてほしい 戦争を知らない 子供たちさ


2 若すぎるからと 許されないなら 髪の毛が長いと 許されないなら
●今の私に 残っているのは
  涙をこらえて 歌うことだけさ
僕等の名前を 覚えてほしい 戦争を知らない 子供たちさ


3 青空が好きで 花びらが好きで いつでも笑顔の すてきな人なら
●誰でも一緒に 歩いてゆこうよ
  きれいな夕日の 輝く小道を
僕等の名前を 覚えてほしい 戦争を知らない 子供たちさ
戦争を知らない 子供たちさ

上の歌詞は
http://bunbun.boo.jp/okera/saso/sensou_siranai.htm
より抜粋させていただきました。

f0181394_1513253.jpg

モノポールに咲いたミニバラ
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-06 15:02 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/10993699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miki3998 at 2009-05-06 16:11
年を重ねてゆくことを恐れない強さでしょうか・・・いいですよね、自然体で。

 ミニバラの黄色が元気を与えてくれますね。 いよいよバラの季節ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2009-05-07 08:34
表現の自由、文化的な生活の保障、男女同権、職業の自由、差別の禁止、、、いろんなことが憲法の体系を作っている。
それはバラバラなものではなくて全体としてつながりあっているのではないでしょうか。
9条だけの問題ではなく。
そして今その体系が揺るがされているように感じます。
Commented by yukiwaa at 2009-05-07 13:32
mikiさん!こんにちわ。
歳を重ねる事はどうゆう事だったのか、考えさせられます。「恐れない強さ」はほしいものですが、いまだウロウロしております。

自然体でしか頑張れないですものね。

モノポールの花は少しですが何時も元気です!
ありがとう!!
Commented by yukiwaa at 2009-05-07 13:51
佐平次さん!こんにちわ。
憲法の事は詳しく知りませんが、昨夜もNHKで「20年後の日本」というシュミレーションをしていました。現在の35歳世代がどのように「生きられる」かで将来の日本の形が決まると言うものでした。「なるほど。。」とみましたが、それは絶望的なシュミレーションでした。現在の政治はどうなってるんでしょう?内閣も「これっ」という人がいない。家の人は「バカばっかりだ」と嘆いています。私達のような小さな存在がどのような事が出来るかは不確かですが、少なくとも。今後の「衆議院選挙」は必ずや日本の方向をまずは、変えてゆけるものだと思います。其処から又、色んな動きが出てくるでしょうが、選挙には心して行こうと思います。
Commented by yukiwaa at 2009-05-07 13:51
つづき・・
このままではイケマセン!2兆円は赤字病院経営、失業者対策、無年金問題を解決する為に使ってほしかったです。
麻生さんは何も考えてないように見えます。ただの「人気取り」。ソマリヤへの海上自衛隊派遣・・あれはいけません。怖い事です。海上保安庁が行けばいいのです。知らぬ間に動いてる。。インフルエンザの水際対策も「人気取り」に見えてしまう・・・私がへそ曲がりなのか。
確かに「戦争を忘れてしまってる人が多くなりました」。
真っ白な服を着て帽子は軍隊帽をかぶり、アコディオンを弾く傷痍軍人は、片足の人、片目の人、片腕の人もいました。首からお金を入れる箱をぶら下げて・・・若いひとはこのような光景を知らない。

二度と、このような光景は日本の国でも外国でも見たくないです。
Commented by toco-luglio at 2009-05-07 18:59 x
私の両親は戦争中は子どもだったし、祖父も空襲で財産は
失ったけれど、戦死はしていません。でも、両親や祖父母から、
繰り返し戦争の話を聞かされていました。
戦争中「御真影」の前で挨拶をしないと先生に叩かれた…
そして敗戦後、教科書を墨で塗りつぶすように言われた
…小学生の時にそういう経験をした両親の世代の思いは、
実際に戦争へ行った大人であった世代とは全然違うものだと、
幼心に、祖父母達と両親の戦争観の違いを感じていました。
それでも、実際に戦争を経験した人達が、事実を語り続ける事が
大切だと、そして一番効果があると思います。
Commented by toco-luglio at 2009-05-07 19:03 x
文字数オーバーなので「続き」です。
他国への干渉・侵略…戦争は絶対にいけないと私も思います。
国の防衛も大事だけれど、日本に今、本当に必要なのは
「外交力」…「交渉力」だと思います。
まず、「外交」で国を「防衛」することを考えて欲しい。
親の地盤を引き継いで、大して苦労していない二世・三世が政治家になれるから、日本の政治がダメになってきたのだと思います。
苦労していない人が、自分の陣地(親の選挙区)にいて
「交渉力」が培えるとは思えない。
二世・三世が本当に日本の事を思って政治家を志すなら、
親の影響の及ばない、全く関係ない選挙区から立候補する
べきだと思います。
次の選挙の時は、慎重に見極めようと思っています。
Commented by antsuan at 2009-05-07 19:27
憲法九条を守るためには武士道のような強い精神を持たねばならないと思います。いわゆる「惻隠の情」であり、「死ぬことと見つけたり」の自己犠牲です。

チベット、パレスチナ、グルジアの市民が助けを求めても、それを知らんぷりして、自分たちが平和であれば良いのでしょうか。

日本人が戦うことを放棄したからこそ、アメリカが暴走したと考えます。罪なきベトナムの一般市民を日本人は見殺しにしたのです。イラク戦争では人殺しに加担したといっていいでしょう。

憲法の前文を読んだことがありますか。まわりの国はみんな正しいことをする人々ばかりだから、彼等を信じて生きていくことにすると書いてあります。
実際は、アメリカもチャイナもソビエトも、日本よりももっともっと悪いことをする国だったのにです。戦後の歴史がそれを証明しています。ですから、こんな阿呆らしい憲法を守る必要は何処にもないと思います。朝鮮戦争が勃発した時にさっさと改めるべきでした。

九条を誇れる憲法にするためには、前文を武士道の精神を込めたものにするべきでしょう。世界平和のために、日本人は死ぬ覚悟があると明記しては如何でしょうか。
Commented by yukiwaa at 2009-05-08 14:21
とこさん!こんにちわ。
憲法問題は今や国民の多くの感心事であり、ほっとけない問題になってますね。
私の親の世代は兄弟を戦争で亡くしたり、つれ合いを亡くしています。1915年生まれですから戦争の中を生き抜いてきたという事でしょう。
多くを語らない人でしたが、「苦労」したのは分かりました。その世代は、亡くなり、今や戦争を知らない人も「戦争」を語ってゆかなければならなくなりました。
確かに外交面の弱さは目立ちますね。
まず、「外交」で国を「防衛」することを考えて欲しい。
確かに昔のような優秀な「国を憂う官僚達」が多くいたなら、これも望める話でしょうね。この方向へ行ってほしいと私も思います。
日本の政治の脆弱さは確かに「地盤・看板・カバン」を受け継いだ政治化が生ぬるく仕事をしてる事も一因だと思います。皆が感心をもち、少しでも「日本」をいい方向へ進んでほしいと願う気持に変わりはありません。若手の間から、新しい「日本」を生み出せる人がいると・・信じたいです。
今できることは確かに選挙が唯一の手段だと思われます。それ以外に何か出来ないかと・・・「憲法記念日」にあわせて記事にしました。
Commented by yukiwaa at 2009-05-08 14:39
あんつぁん!こんにちわ。
難しい言葉を使うんですね。そこでノックアウトですよ。調べたら「惻隠の情」とは・・・孟子の言葉です。孟子は、親の子を思う心を、「惻隠の情」とし、これを社会生活の全てに及ぼすように説きました。相手の心情を深く理解する事を意味します。これは、孟子の師である孔子の「仁」に通じ、日本人は弱者を守り、親孝行するなど全て「惻隠の情」から来ていました。日本人の心であった。・・・とありました。憲法9条を守る事がそんなに難しくなったのでしょうか?世界では紛争が後を絶たず、日本の「九条」は見直されています。違う観点から・・それは素晴らしいと・・私は思ったのですが。
知らんぷりして、自分たちが平和であれば良いのでしょうか。・・・自衛隊の使い方・・自衛隊のあり方は考えないといけないでしょうが、「戦争を放棄した国」の方が他国を助けられのでは無いでしょうか?方法は色々あると思います。

Commented by yukiwaa at 2009-05-08 15:05
つづき・・
憲法の前文を読んだことがありますか・・・ありません。無いけど「戦争をしやすい条件」を整えてほしくないと願っています。
日本人が戦うことを放棄したからこそ、アメリカが暴走したと考えます。・・・これは理解不能です。すいません。
まわりの国はみんな正しいことをする人々ばかりだから、彼等を信じて生きていくことにすると書いてあります。
実際は、アメリカもチャイナもソビエトも、日本よりももっともっと悪いことをする国だったのにです。・・・・・この文章も意味不明ですが。。^^すいません。
戦後の歴史がそれを証明しています。ですから、こんな阿呆らしい憲法を守る必要は何処にもないと思います・・・・乱暴ですね。今日本の過半数は憲法改正を望んでいますが、「九条」に関しては多くが改正を反対しています。それは今の「政治のゆくへ」に不安を感じ出したからです。
「死ぬ覚悟・死なない覚悟」ではなく「あなたは人殺しが出来る?出来ない?」を考えるべきです。

真剣に考える事が大切だと思います。真剣にコメント頂いて有難うございます。




Commented by eaglei at 2009-05-08 22:31
「戦争を知らない子供たち」というタイトルに、ぎくっとしました。
アマゾンに注文していた本が、今日届いたんです。
そのタイトルは、
「カブール・ノート 戦争しかしらない子どもたち」。

アフガニスタンは悲惨です。
けど、日本の方が悲惨かもしれません。
戦争していないのに、まるで戦争状態です。
3万人以上の人々が、命を断つのですから・・・・。
↓続く
Commented by eaglei at 2009-05-08 22:34
(続きです)
どうしてそうなるのか?
精神性が弱体化しているからでしょう。
生命力が萎んでいるからでしょう。

その理由は、哲学がないからでしょう。
革命を唱えているある政治団体が、憲法九条を守る運動をしています。
敵の出方次第では、暴力を否定しない集団です。
いわゆる「敵の出方論」を主張しています。
そこには、メチャクチャな論理的矛盾を抱えています。
まるで、精神が分裂でもしているかのよう・・・。
平和と言いながら、武装闘争を否定しない。
そんな存在があるからこそ、
憲法を守る運動に、民衆はコンプレックスを持つのでしょう。

平和憲法を守るには、
ガンジーが唱えるような徹底した非暴力主義の哲学が必要です。
そうでなければ、
自己矛盾によって自我が破壊されるでしょう。
そんなことを危惧するこの頃です。
Commented by yukiwaa at 2009-05-08 23:31 x
そうかもしれないです。。。^^
そんな団体があるのですか?
知らないことが多くて、矛盾も多いです。
自衛隊は軍隊と認めるべきでしょうね。

でも、戦争はしてほしくない・・・矛盾してますね。

堂々と、守ってゆきたい。将来のある子らのためにも・・
それだけです。
Commented by eaglei at 2009-05-10 21:32
なんかでしゃばったコメント書きまして、すいません。
二度と戦争がないように、しないといけませんね!

今度の金曜日には、母を連れて葵祭りを見物します。
楽しみです。
晴れてくれると嬉しいのですが~。
Commented by yukiwaa at 2009-05-10 23:46 x
葵祭り行くんですね、私は月曜日と重ならないと行く事が出来ないのですが、3年前に行きました。

幸せなお母さん!
”東京タワーとおかんと時々おとん”見ました。あんな母親になりたいなぁ~と思いました。
息子もeagleiさんみたいでしたよ!優しいの、出来なくても、優しい心根。大切ですね。暖かくなる