いざっ、大覚寺へ!!

京都新聞に“春の花  構図の妙200点”と言う見出しがあった。
夕方の店番で読んでいた。先日も「暮らしのエッセンス」で見たばかりだった「生け花」。
遠い昔に“あと、1年、京都の家元へ通えば師範がとれますよ”と言われたにも関わらず“お茶”も同じように習わないと行けなかったのが、若い私には「もういいわ!」と思わせたようで、今更ながら、22歳の娘時代は何を、考えていたんだろうと思う。そんな思いもある「華道」でした。

「大覚寺で華道祭」なに?なにっ?読み進むと4月13日まで13日には息子が来ると言っていたので、12日、日曜日、仕事の合間を見つけて思い切って自転車で行って見ようと思う。

家に帰り着くなり、リュックと麦わら帽子を持って私は出かけました。
日曜日に桂川の土手を嵐山を超えていく事などなかったので、こんなに日曜日は特別「人手が多い」ものかと、びっくりしながら自転車をこいでいた。
f0181394_13183973.jpg

f0181394_13185649.jpg

枝垂桜。家族連れがいっぱい・いっぱいでした。
f0181394_13194236.jpg

中ノ島の太鼓橋から見た嵐山。

渡月鏡を渡るあたりから、人ではピークでした。渡月鏡は自転車を引きずりながら歩きました。嵐山は写真は撮れません。人と車と人力車を縫って歩くのがやっとでした。
f0181394_1323157.jpg

嵐山を超えて、丸太町へ。「嵐山・高雄パークウエイ」という看板を横目で見ながら、真っ直ぐ自転車をこぎます
f0181394_1328084.jpg

f0181394_1328119.jpg

嵯峨釈迦堂です。額縁のような御門。
f0181394_13275658.jpg

此処は何の店かしら?・・と思うものの“時間が無い”写真だけでした。
f0181394_1328537.jpg

高雄パークへという道標がありました。
f0181394_13314344.jpg

着きました。大覚寺です。
f0181394_1332526.jpg

華道・嵯峨御流の1年で最大の生け花展「華道祭」があります。
大覚寺は総司所(本部)で、同流派の始祖、嵯峨天皇の即位1200年を記念し全国から寄せられた200点の優雅な作品が並びます。此処からは「生け花・天地人をいける」をテーマに寄せられて作品をお楽しみ下さい
f0181394_13373165.jpg

f0181394_13374443.jpg

f0181394_1338068.jpg

f0181394_13381675.jpg

体・陽・留・・・これが格花の基本です。
f0181394_1339658.jpg

留流し
f0181394_13414545.jpg

f0181394_1342311.jpg

f0181394_13421872.jpg

f0181394_1342349.jpg

f0181394_13425028.jpg

f0181394_13431892.jpg

f0181394_13434345.jpg

f0181394_134441.jpg

f0181394_13444720.jpg

f0181394_1345124.jpg

梨の木
f0181394_13454082.jpg

f0181394_13472771.jpg

素敵な感動したお花が多くて載せきれないのが残念です。
f0181394_13482542.jpg

f0181394_13484118.jpg

f0181394_13485767.jpg

f0181394_13491892.jpg

f0181394_13493891.jpg

f0181394_13495181.jpg

f0181394_1350680.jpg

f0181394_13502298.jpg

何も食べずに帰りました。十兵衛の散歩が気になりだしました。
f0181394_1351187.jpg

嵐山で「ゴマ入りきなこソフト」食べながら自転車、押しながら岐路に着きました。

もう一つ、おまけです
f0181394_13591197.jpg


PS: 明日4月14日教育テレビ午前11時半に「おしゃれ工房」我が咲き織りの先生が出られます。作品は「楽々!おでかけリュック」らしいです。
[PR]

by yukiwaa | 2009-04-13 13:50 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/10790554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by antsuan at 2009-04-13 18:55
やっぱり京都は凄い所だなぁ。
嵐山の立体的な景色に感動。枝垂れ桜も写真の数も凄い!(笑)
Commented by toco-luglio at 2009-04-13 21:58
京都の春、堪能させていただきました。
「生け花」も…「日本の美意識」ですね。
着物は刺繍なのでしょうか?
ゴマきなこソフト…「大きい!」美味しそう!
Commented by トランプ at 2009-04-13 22:34 x
こんばんわ。
嵐山から大覚寺までは上り、上り、、さぞ人ごみのなか自転車、大変だったのではないですか?
私は阪急の嵐山に自転車で行ってましたが、行きはペダルを漕ぐ事もなくスイスイ。帰りは暗い夜道を漕ぎ続けないと大覚寺にたどりつきませんでした!笑
釈迦堂、、なつかしい!
あの横のお豆腐屋さん、、美味しいですよね。よく買いました。

私の下宿先は大覚寺の正門を左に7件ほど行ったところです。
直思庵に曲がるところです。
嵯峨流の華道、近かったこともあり下宿のおばちゃんの勧めで習いましたよ。師範まで取りました、、。笑
何もかも、、懐かしく、見させていただきました。
ありがとうございます。

*yukiwaaさんは登山同好会に入っていられたんですね。
大文字、登ってください。いいですよ。
比叡山も、大原から登りましたが、、素晴らしかったです。

愛宕山、珍しく学校から早く帰った日に街の夜景を見に、、と鳥居本から上りました。あそこのルートは分かりにくいですね。
営林署のパトロールの車にたまたま下山途中で出くわし騒ぎとならずにすみました。笑
Commented by takoome at 2009-04-14 00:08
サワディ〜ピ〜マイカ〜
ありがとぉ、心が洗われます。
ここ、こんなんだからさ、何だか憂鬱なんです、
Commented by yukiwaa at 2009-04-15 14:03
あんつぁんさん!こんにちわ。
写真の数がすごい?でしょう。
感動が写真の数になりました。
大覚寺まで自転車・・7~8kなぁ。心地よい疲れでした。男の方には「華道」は今一でしたね。
でも、たまにはいいでしょう?
Commented by yukiwaa at 2009-04-15 14:06
とこさん!こんにちわ。
着物は「刺繍です」日本刺繍と言うのでしょうか?
これはテキスタイルデザインの参考にもなるのではないでしょうか?
日本古来の模様にはその様なヒントがいっぱい・いっぱいです。

きな粉ソフト・・普通の大きさなんですが、アップで撮りすぎました。

気持ちのいい一日でした。
Commented by yukiwaa at 2009-04-15 14:38
トランプさん!こんにちわ。
豆腐やは「森嘉」ですね。すごい人が並んでいたので、却下しました。

大覚寺近くで下宿なんて・・すごいいい環境でしたね。主人に言わせると「大覚寺周辺は平安時代からの別荘地で、特に西陣の呉服屋さんが好んで住まわれたとか・・」私達のお客さんも此処で大きなお屋敷をもたれています。桁違いの家ですね。すごい!いい時代があったんですね。

「登山同好会」は中央市場のおっさん達が中心の「同好会」でした。店が忙しい時期でもありましたが、パートやアルバイトの人に店を任せて日曜日に登っていました。比叡山は京都駅からJRで「比叡駅」まで行き、其処から登りました。勿論、ケーブルは一切使わず・・当たり前ですが。頂上に登った時の「気持ちよさ」「コーヒーの美味しい事」。こんな風に時間を使えたのも2年か3年でした。お店が厳しくなり断念・・何時もこのパターンで私の人生は右往左往です。

Commented by yukiwaa at 2009-04-15 14:39
つづき・・

義姉が本格的な「登山」をしてました。ヨーロッパの登山から帰り4,5日して比良山へ初心者を連れて登りました。2月の雪の多い日でした、40回以上登っていた山でしたが、登山の鉄則「登った道から下山しろ」を破り、帰りに川を渡ったのです。連れの方が着いて来ず、川でぬれた体で向こう岸で待っていて「凍死」しました。62歳でした。山は何時もの山でも、毎回「表情」を変えてしまいますね。
特に雪の山は怖いです。怖さと自分自身を知って登らないとあかんなぁ~と思いました。
Commented by yukiwaa at 2009-04-15 14:41
蛸さん!こんにちわ。
毎日ニュース見ています。確かに「気が滅入る」ねっ。日本人はこんな場合如何すればいいのでしょうね。
今日の新聞で少し治まったとか・・大丈夫ですか?
何時も、気にかけてニュースよ新聞読んでます。

気をつけてねっ。
Commented by sanpomichikara at 2009-04-16 07:34
yukiwaaさん、京都の春、3枚目の写真がとても素敵です。春霞って言うんでしょうか奥の山がかすんでいてでも手前の川はすっきりしていてコントラストが素晴らしいですね。
そしていけばな、やはり京都のお寺に並ぶと一段と風情を増しますね。
最初の宝尽くしのような柄のような着物、着てみたいです。
Commented by yukiwaa at 2009-04-16 13:49
yoshimiさん!こんにちわ。
3枚目の写真・・あの場所は肉眼で見る方がとてもいいです。好きな場所で何時も撮ってしまいます。
久しぶりに「生け花だなぁ・・」と思い、感動したのです。嵯峨流は自然のお花を使い自然の世界を表現するそうですが、今回は特にその原点に拘ったそうです。とても懐かしいいけ方があって嬉かってのです。辺に西洋ナイズされてなくて、ホットしたのです。
平安時代の着物・・いいでしょう?
もう、あのような芸術に近い着物は織れないでしょうね。日本人のDNAの素晴らしさ感じました。京都は、その様な文化を大切にしようと言う気風が最近、又盛り上がっているように思われます。