どないしたん?呼び鈴なったで、行かんと。

「おい!カメラより電動自転車考えた方がええど」と旦那。
「でも電動は運動にならんしなぁ・・」と私。
「どうせ、歳いくうんやから、必要なんは電動やで」と旦那。
f0181394_156204.jpg


確かに去年の《めまい事件》の時、不本意にも“死んだ方が楽かも”と一瞬だが思った。その時に何時もよりも年齢を感じたのは確かなのだが、こんな風に言われて気分がいい訳がない。

五木寛之さんの《人間の覚悟》の中に《人生百年と言う今の時代でいうなら、50歳位までに山を登りつめたなら、其処で10年位は頂上に留まったとしても、それから先は60歳からの長い下山を始めないといけないわけです》とあり、其処からの“下山の哲学”をもたねば・・とあり、《下山は決して寂しい惨めな事ではないし、穏やかで豊穣で、それまでの知識や情報では及びもつかなったような知恵にふれる、そうゆう期間であるはずです》とそして《山を下りるその時は疲れているだろうと思いますが、その疲れは人生の正しい疲れであって、ひたすら上を目指して競争してる間は気がつかなかったことが感じられる》
五木さんの文章は旦那のあの言葉と同じように、ある時は何やら納得がいなぬ言葉だったり、ある時は「真実かも」とギクゥとするのですが、確かに何かに引きつけられるようにこの本を読んだのです。

精神的に若くとも、体が教える信号があるのかもしれない。
それを自覚しながらも“ジタバタ”するもよし・・と思った。

最近は、《ポトスライムの船》(津村記久子著)に出てくるナガセという29歳の契約社員がもらう163万円と言う年収と同じ“クルージングで世界一周”の1年間の旅に、惹かれる様が・・要約すると、生きる為に薄給を稼いで、小銭で生命を維持している。そうでありながら、工場でのすべての時間を、世界一周と言う行為に換金する事もできる。・・・自分の生活に一石を投じるものが、世界一周であるように思う主人公ナガセに・・私は何故か共感した。
大阪出身のナガセのお金の計算の仕方が上手く描かれていて、「あぁ、私もこんな計算したなぁ~」と思いながら読んでいる。お金の計算というと京都の御人は「下賎な事」の様に言うかもしれないが、大阪人のナガセの様な子の計算は“その計算の仕方、お金の使い方自体が己の生き様でもある”のだ。これは堂々と楽しく計算すればいいのだ。それは必要な計算で「己の夢」と直結している。
その辺が面白い・・・今は読んでいる途中ですが、これからの若い子に何かの目標みたいなものが、自分自身の手で、角度を変えた視野で、作り出せるのではないかと思わせる話になりつつある・・・
f0181394_1561740.gif

f0181394_159105.jpg


それで、カメラより電動自転車を考えるの?
いやいやっ、どちらも手が届かんです・・
とナガセのような“やりくり”が頭をもたげた。
気まぐれは何時まで続くやらです。

つぶやき: 私も行きたかった[世界一周]。現実を生き抜く以外なかったのかなぁ?


追伸:暗くなると自動的に点灯するライト付けました。
自転車の車輪の横にしました。取り外しは「忘れる自信大いにあり」なので。

五木寛之「人間の覚悟」より抜粋。
津村記久子「ポトスライムの船」より抜粋。
「写真」ネットより掲載。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-15 15:13 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/10561213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nakanokeiichi at 2009-03-15 15:26
下山の哲学  団塊退職者は派遣労働に参入して若モノの職を奪わず 消費によって国家を支えるべし・・・
  ってのは いかがでしょう?
Commented by yukiwaa at 2009-03-16 12:08
五木さんの「下山の哲学」は仏教につながってゆくようです。団塊の世代だけが歳がゆくのではありませんね。皆が通る道です。「職」に対する考えも変わります。
自営なので、「農業」してるカンジです。
若い子は自分の世界を作るでしょうね。
Commented by takoome at 2009-03-16 18:27
サワディ〜カ〜
カメラより自転車ですか、現実ですね、
私は一眼が壊れたので奮発しました。今の私にはこれが無いと息が出来ないから..
さて、よい決断だったのか分からないけれど......
Commented by yukiwaa at 2009-03-17 13:46
蛸さん!こんにちわ。
カメラ壊れたの?
今度は何処の、なんちゅうカメラ買ったの?

私は自転車は買う気はないです。
やはり、未練はカメラです。
当然です。
教えてね。どんなカメラがいいか?
Commented by takoome at 2009-03-17 17:29
canonの一番安いeos kissのレンズセット付きを使っていました。
その当時10万円切っていましたが、今はもっと安いし、性能もよくなっている。
このレベルのカメラは別にcanonに拘らなくてもいいかも知れない。
ここをご覧あれ、
http://kakaku.com/specsearch/0049/

私は最初がcanonだったし、これからも変えるつもりは無いの、
今回はバージョンアップしました。40dとゆうカメラのボディーだけを買いました。


Commented by yukiwaa at 2009-03-17 23:17
蛸さん!早速のお返事ありがとう。
canonですか。依然買った銀塩カメラがcanonのイオスなので、今度もデジカメ買うなら、canonにすると、望遠が共有できるので、やはりcanonが便利だと思っていたのですが、40Dは連写がすごい早い速度で出来るんですね。「鳥」の好きな蛸さんなら、いいチャンスを撮れるでしょうね。

eos kissは安い時は7万8千円ぐらいであります。私の腕ならそれで充分だと思うのですが、旦那も共有で使うなら。。やはり、もう少し良いのがいいかなぁ~とも考えますが、やはり「共有」は無理かもなので・・・考えます。
今年は「車検」があるので、それが終わり、落ち着いてから、考えられるかなぁ~。。そんな状態です。
Commented by at 2009-03-18 18:40 x
只今、40dに翻弄されています。まだ、ぜんぜん使えない。
eoskissは100%使いこなさないまま壊れて行きました。もっともっと使わないと行けなかったんです。それが情け無いのです。これは何にでも言えることだと思います。
だから、eoskissでもコンデジに比べれば雲泥の差です。しかも、kissの新しい機種など、私のkissと比べ物にならない程綺麗に撮れます。だから無理しないでいいと思います。
私の場合、カメラの共有は.......考えられません。私のパンツは私のであって、旦那のではないからです。

お勧めの本があります。ご覧あれ、 楽に読めます。 私のバイブルです。
www.amazon.co.jp/写真の撮り方手帖-~たいせつなもの、撮ろう~-繁延-あづさ/dp/4839924279/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1237369123&sr=1-1
Commented by yukiwaa at 2009-03-20 16:29
はい!分かりました。でもね。先立つものが無いから・・
でも、本体だで買うことが出来るんだね、あの価格.comで見たの、それなら40Dでもkiss位の値段で買えるみたいですね。
マダ検討する時間が必要です。
本も「初めての一眼レフ・・」と言う本もよさそうですね。説明書読んでも分かりにくいので。