いざっ!鈴虫寺へ。パワーショットG9新米の記。

f0181394_16415137.jpg
今日の散歩は鈴虫寺へ
西芳寺川よりブラブラ歩きながら~~
f0181394_16422544.jpg

f0181394_16424493.jpg

f0181394_16432232.jpg

喫茶店   金曜日と土曜日と日曜日が営業日
f0181394_16425973.jpg

f0181394_16433749.jpg

  鈴虫寺へ  竹やぶの横は老人農園
f0181394_16435026.jpg

  階段を登れば鈴虫寺
f0181394_1644797.jpg

f0181394_16442056.jpg

f0181394_1644343.jpg
f0181394_16445073.jpg

  藍染の店  横で染めてはるみたい
f0181394_16451735.jpg

  我が家の沈丁花。 毎年、この良い香りで確定申告の時期がきた!と気がつくという。
f0181394_16452810.jpg

 ブリと木綿豆腐(片栗粉をまぶして炒める)としめじときのこと水菜の煮炒め物

冷たくて気持ちがいいお昼。
十兵衛が落ち着かない。
女の子を捜している~~
この頃、散歩をせかされる。

今日も珍しく、ゴールデンが近づいて十兵衛の顔に手をやったのに吠え立てた。
「平和主義の十兵衛も春が来ると~気が落ち着かないのか?」。
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-21 17:03 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/10406563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takoome at 2009-02-22 00:40
サワディ〜カ〜
よろしいね、ぶらぶらカメラ、
何時間歩いたん? 私は今日、散々で、面白かった。
Commented by saheizi-inokori at 2009-02-22 10:00
京都、いきたい!
Commented by yukiwaa at 2009-02-22 13:57
お昼の休みは3時間半程、だから長時間は無理なの。鈴虫寺は家から1k位。苔寺もそれ位。
十兵衛が帰るのを嫌がりました。
写真ばっか、撮って充分に歩けてないから。

西芳寺川は春になると両サイドから「桜」が咲き乱れて、川の風情が変わります。
これから、花粉症の時期は此処の散歩が私には良いですが、十兵衛は不満みたい。。^^
Commented by yukiwaa at 2009-02-22 14:10
佐平次さん、京都文化博物館http://www.bunpaku.or.jp/も面白いが、新京極界隈が落語にゆかりのある地、うなぎ屋「かねよ」の寄席。誓願寺の毎月第二日曜日の寄席。錦湯は銭湯だけでなく「DO 湯 能?」など、音楽よ能楽や写真展もやられてて歩いて覗くには丁度いいです。私もお昼の休みに晩御飯サボって行ってみたい!!只今、策略中。。。
Commented by sanpomichikara at 2009-02-23 08:42
yukiwaaさん、素敵なお写真をたくさん見せていただきました。
上の白い花はネユキナギですか?早いですね、こちらではまだ見かけません。
そしてaanuiさんのお雛様の絵もすてきっ!
aamuiさんのところに飛んでいきましたが、素敵な絵を描く方なんですね。
あんな画風の絵が描ける方を羨ましく思います。
yukiwaaさんはお姉さまを亡くされているのですね。
お雛様の季節にはお姉さまへの思い出が巡る事でしょう。
お雛様と一緒にご供養なさってください。
本当にブログの縁の不思議を感じます♪
Commented by yukiwaa at 2009-02-23 20:06
yoshimiさん、こんにちわ!!
雪柳だと思います。これが咲いてから良く似た小手毬 (こでまり)が咲きます。お店にも我が家にも
小手毬があるので、ついこの花には目がゆきます。
yoshimiさんの洞察力と絵画力、緻密な絵を書く人はすごい!と何時も思ってます。
「絵」が書ける人はそれだけで表現できるので素晴らしいですね。
aamuiさんも素敵でしょう!

今日は姉の3回忌でした。主人と長男と行ってきました。
姉が話していました「細かい事は考えないで、地道に生きていくことが大切」と。
姉の写真を見ながら何かが吹っ切れました。
Commented by toco-luglio at 2009-02-23 21:45
こんばんは、このカメラはyukiwaaさんのデジカメですか?
もう使いこなしておられますね~雪柳の写真が好きです。
写真のお料理ですが、ブリにも木綿豆腐にも片栗粉を
まぶして炒めておくのですか?そこへきのこと水菜を入れる
のでしょうか?味付けは?美味しそう!教えてくださいませ。

↑の生地にはコメできないので、こちらで。
お雛様の写真、素敵ですね。
御願いしたyukiwaaさんの気持が伝わっているのですね。
お雛様って、それぞれに想いがあるものですね。
お姉様の言葉「地道に生きていくことが大切」という言葉、
最近、そういう気持を忘れている人が多いから、こんな状況に
なってしまったのではないかと思います。
先日、私の紹介した本の作者の熊田千佳慕さんは「足るを知る」
という言葉を座右の銘にして生きておられるそうです。
お姉様の言葉と通じていると思いました。
Commented by yukiwaa at 2009-02-24 07:51
とこさん!お料理の件ですが、忙しいときに簡単料理できのこ達が味を変化させて私は好きなんですが、
1.ブリはアラ塩をまぶしておく(タップリ)これは臭い消しと血を抜く為、後で洗うのでタップリです。
10分以上・・その間に、全ての野菜を切り用意しておく。
2.ブリと木綿豆腐(必ず木綿。水気をキッチンペーパーで軽く拭いておく)の片栗粉をまぶしす。(結構しっかりと)
3.フライパンに油をしいてからブリと木綿豆腐を炒める。(表面がしっかり焼き色がつく位。デモ中まで火が通って無くてもいいです。気にしない)
4.深めのフライパンにブリと豆腐をうつし、其処へ出(http://yukiwaa.exblog.jp/10077940/私は前日に毎日こうして取っています。和風の料理が多いので全てに使います。スープに使ってもいいです)を入れます。味付けはみりん・薄口醤油・後で香りだしに濃い口も少し。それだけです。
Commented by yukiwaa at 2009-02-24 07:53
つづき・・・
4.3の中へシメジ・きのこ類を入れます。
5.煮つまってきたら、最後にみずなです。これはシャキと言う感じを出すには軽く煮るだけです。
片栗粉をまぶしてあるので、少しとろみも出て、タップリいただけます。
私はブリは3切れを(一切れを半分に切り、3つでもいいと思いますが、豆腐は堅豆腐を1丁、シメジは2パック。きのこは1パックみずなは食べるとなくなるので、そのつど入れて食べましたが、結局2房以上入れました。好みで良いと思いますがうちは多いです。坊主がまだいるので。

カメラはマダ、使いこなしていないです。
手動でやるやり方で間違ったのですTVにしてNDかけるところを、AVにしてましたし・・これからです。

姉の言葉は私が遺影を見ていて感じたのです。実際に「言われているように~~」思いましたが、確かにこのシンプルな言葉で何か吹っ切れてたのです。

お雛様私は思い出が無くて、ほしかったのです。
aamuiさんが覚えてくれていたのが最高に嬉しかったです。
熊田千佳慕さん、素敵ですね。とこさんには色々教わります。
Commented by yukiwaa at 2009-02-24 07:53
つづき・・
これからも素敵な本紹介してくださいね。新しい世界がブログを通じて知れるのが最高ですね

Commented by toco-luglio at 2009-02-25 20:26
こんばんは、お料理のご教授ありがとうございました。
せっかくのお休みにすみません…
「ぶりに塩」がポイントですね。このレス、コピーさせて頂き
ました!
Commented by aamui at 2009-02-26 17:00
こんにちは 暫く伺ってなかったら まあ!絵があるではないか!
もう又3月3日が過ぎたら 又一年宿題が・・・と思ったのよ まさかお姉さまのご命日とは知りませんでした 良かったわ(^^♪ 私は3/9生まれなのよ 今年のご命日は明るく過ごせたようでよかったと思いました 鈴虫寺のご住職の商売上手に昔感心しました