一人になるということ。

2009年5月から裁判員制度が実施されます。

今、一度「人の死」について考えてみたい。
宗教学者、1931年生まれの山折哲雄さんと小説家、1975年生まれの平野啓一郎さんの対談からの抜粋です。

山折:
日本社会は他者とのつながりが一番重要といい続けてきた。しかし、他者は不気味な他者でもあり、殺意を持って殺到してくる他者でもある。「秋葉原事件」では、ネットの上でも一人、社会でも一人だ」と、一人であることの絶望的な深さを感じていた彼の告白が衝撃だった。「一人」は歴史の中でポジテイブな意味を持ってきた。「一人」は歴史の中でポジテイブな意味を持ってきた。「ひとりのなることで、人間は真に自立する」と言う意味の言葉が禅にもある。一人であることがこれほど、ネガテイブにとられる時代になったと恐ろしく感じる。
平野:
若い人は「自分とは何か」という事が心許なくて、コミュニケーションが遮断されると急に社会的に孤立し非社会的な人間ではないかと不安を覚えのではないか。世代内の団結とか連帯が難しくなっているところに、ある種の孤独があるのではないか。

ー・・・・・・・・・・・-------・・・・・・・
山折:
「殺すな」と言う言葉が日本の社会から聞かれなくなった。これは重要な問題。変わりに「命を大切にしよう」と言うが、それはリアリティーの重さが伝わらない。ブツダもモーゼも十戒で「殺すな」と言った。人間は命を殺さずに一日も生きていけない存在であるけど人類は「殺すな」と言い続けてきた。
平野:
犯人が死刑になった後、遺族が如何感じるのか、本当に満たされるのか、問いたい。社会として「殺した奴は死刑になって当然」と対処しようとする事に強く反発します。どんなに卑怯な殺人を犯しても社会全体は「殺さない」と言う態度を貫かない限り「殺すな」というメッセージは発せない。ただ、それは遺族に重い現実を受け止めることだから小説はそこをしっかり書かないと気持ちを置き去りにしてしまう。

平野啓一郎は1975年生まれ、2008年に「決壊」という小説で無差別殺人を扱った。
私はあわてて本屋に駆け込んだが、彼の「決壊」と言う本はなく、私が手にしたのは五木寛之の「人間の覚悟」であった。

その本はマダ途中でありますが、やはり現代の「日本社会」の危うさからの発信だった。
そして不思議な事に仏教の教えが出てくるのです。

今一度、迷える精神は「日本古来の仏の教えから」救いを読み取れるのかもしれない。

裁判員制度は「死刑」が増えるのではないでしょうか?
任命された人は心してかからないと危ない結果を呼ぶことになるのではないか?
我々は「死刑」を如何、受け止めればいいのだろう?
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-04 15:30 | 社会  山登りしんしん | Comments(6)

Commented by saheizi-inokori at 2009-02-05 12:47
決壊はナントカして読まれるといいと思います。
裁判員制度で被害者の遺族の証言などを強調すると死刑判決は増えるのではないでしょうか。
多数決で死刑を決めるのです。
Commented by yukiwaa at 2009-02-05 15:18
佐平次さん「決壊」は大作ですね。歯がたちそうにないです。でもこの若者平野さんですか、すごいですね。時代を感じる皮膚感が。息子達と同年齢です。今の若い人が如何受け止めているのか興味がありますが、長い~~ですよね。

死刑は多数決で決めてはならないと思います。
国は責任を私達に押し付けて「合理的」とか何とか良い訳を創る為の「裁判員制度」なのでしょうか?

「殺さない」と言う態度を貫かない限り「殺すな」というメッセージは発せない。・・・・これは憲法の9条
にも当てはまるのではありませんか。
すごい覚悟を私達に迫ってますね。
なにか、自分の中にあるもう一人の自分と対決しないといけない・・と少し震えました。
Commented by akikonoda at 2009-02-05 15:33
山折さんと平野さんの対談の詳細をもっとお聴きしてみたいです。

どちらで拝見したのですか??
Commented by yukiwaa at 2009-02-05 15:46
私の愛読書・・「京都新聞」です。
午前中旦那が二階へ食事休憩に、その後食パンがふくまで・・サンドの野菜を切り終えたら私はお客様がくるまで「読んでます」。短い時間に丁度良いのです。山折さんが主体でいろんな相手を選んで対談されています。先日は「園芸家」でした。
確かに面白い。哲学的でもあるしね。
Commented at 2009-02-05 17:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2009-02-06 13:24
鍵コメさんありがとうございました。