MRIという生き物。

去年の「めまい」騒動から12月は体が震度2から3の状態で仕事をこなし、
年明けに病院へ行く事に決めていましたが、さて行くとなると何処へ行こうか?です。
緊急で運ばれた病院は自宅の近くの総合病院。
脳外科で有名になり、多くの病院を吸収しては大きくなりましたが、結構庶民的な雰囲気の病院です。緊急で受け入れてもらうには此処がいいかなぁとも思い迷いました。
だからこそ、そこへ行こうと思っていたのですが、MRIがトンネル型で少し怖い・・そう思っている時に近所のおしゃべり友達の“たまちゃん”の情報でお店の近所の個人病院が3代目があとを継ぎ新しいMRIを導入したとか、その3代目は大きな病院で脳外科を担当されていたとかで早速ホームページで調べてみました。
青木医院です。オープン型のMRIは魅力でした。
考えた挙句、早速電話。MRIの予約をしてその日の内に診断。鮮明な脳の写真。少しびっくり。年相応な梗塞があったとか^^^。。。少し怖いなぁと思うがその結果、やはり「血圧とコレステロールを正常に保つ意外ない」そうです。
血圧は低いので心配ないが、やはり気をつけようと思う。

MRIは古い機械と新しい機械では鮮明さが違うそうです。
小さなコブや梗塞はやはり鮮明な映り方ができるMRIが見やすいのです。
素人の私達でもしっかり見えます。
フイルムでなくパソコン映像です。
範囲指定してクリックすると血管がはっきり映ります。
横からも天辺からも、正面からも自由自在・・・不思議なMRIです。
MRIの検査結果も「CD-R」にダビングしてもらいました。
何時でも自分で持っていると緊急病院へも持っていかれます。
先生が気を悪くしされないかと思いましたが、最近は情報を「共有」するのが当たり前だそうです。セカンドオピニオン制度上からもそれは必要ですし、検査が重複する事も避けられます。
だから遠慮なく言って良いそうです。

それが先週のお休みの日の事でした。

今日は病院嫌いの主人を引き連れて先週予約をしていたMRIを撮りに行きました。それに血液検査。
あらゆる事が1日で出来て、お薬はジェネリュックを薦めてくださいました。
ジェネリュックは新薬と変わらない効き目がある一方で、全てがそうではないと言う事でした。やはり厳しく選定して進めてくださるお医者様がありがたいです。

脳外科専門の近くの病院は「ジェネリュックを出しません」という張り紙もありで、それはそれで、そこの病院は選定されているんだと思います。

薬は飲みたくありません。
飲まなくてすむなら飲みたくもないのですが、年齢は体を老わせます。

それだけ体を使ってきたんだから、此れからは「予防医学」の面で飲まなくてはならない。
観念しました^^^。。。

「歩けばいいんです。大食はいけないですよ」と言われた。
「先生、そないに食べてませんよ」と言うと
「患者さんは皆そう言われますが、先進国の人は皆食べすぎなのです。体は本来そんなに食べ物を必要としていないのです。昔の人の食を考えればわかるんですが・・」優しい先生は細やかに説明してくださった。

「先生、小さなコブがあると如何すればいいんですか?」と重ね合わせるように聞くと
「カテーテル入れて人口の血管の壁?をつくります。その手術は○○病院の○○先生や○○病院の○○先生に頼みます」。
“そーなんや!”少し安心。
「でもその手術は危険が伴いますから、家族全員の承諾が必要ですが」
“そう、なんや!”と内心うなづく。
「2ミリぐらいのコブならいいですが、3ミリを超えて5ミリ位になると危険ですから手術を考えます。」
「先生。このMRIで何ミリなのか分かるですか?」
「分かりますよ!」と言って先生はパソコンを操作した。
「2,2ミリですね。」。
ゼロコンマまで分かるらしい。すごいMRIだ!
「先生。見張り状態ですか?」
「そうですね。3ヶ月したらもう一度MRIで診てみましょうか」。

朝食抜きで病院へ来ていた私達は少しホッこりして「お腹かがすいたね」と言い合った。
「肉が食べたい!」と嫌な病院へ行った子供がご褒美に、帰りに何か美味しいものをねだるように主人もそう言った。
珍しく何年ぶりかでフャミレスへ行った。

正月から険悪な主人の気分。体調にもよるんだろう。。
お互いが大きな山の前で立ち往生していたのだと思う。
これからの「山」がどのような「山」か分からないが、ひとつづつ、受け入れて出来る手立てだけを惜しまずやろう・・・

それがこれからの生き方にプラスしてゆかないといけないんだなぁ・・と思った。
とても、面倒で楽しくない作業だけど。
気持は「老いたくない」と抵抗していますが・・・

最近の私の気の滅入りはこの辺からか?

夫婦で「山」を越えなければ・・・
その「山」は時には「夫婦喧嘩」にもなりますが・・
それはお互いの体の変調にもよるのです。
変わる時期なのかもしれません。

「山」は甘く見れないがそないに心配もいらないようです。
[PR]

by yukiwaa | 2009-01-19 14:29 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/10164782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peko-nanamama at 2009-01-19 22:24
う~ん・・・
本当はコチラを読んだら自分も反省して検診に行かねばならぬところ・・・
でもやっぱり病院ってめんどくさい
病気になったらそんなこと言ってはいられないのですけどね
めまいも歯痛もなんとなく遠のいていくとそのままになってしまうんですよね
虫歯なんて勝手に治るものでもないのに
頭の中なんてそれこそちゃんと調べないとわかりませんしね
ああでも・・・めんどくさい(ー_ー)
Commented by toco-luglio at 2009-01-20 00:40
こんばんは、お久しぶりです。
かわいいお葉書ありがとうございました!
しばらくお伺いしない間に、こんなことになっていたなんて…
お二人とも、大丈夫なのですよね?
「大食」についてのお医者様の意見、私達がいつもドックで
お世話になっている病院の先生も同じことを言われていました。
「皆、いいものをたくさん食べ過ぎている」って。
そんなつもりはなかったのですけどね。
オープン型のMRI,良いですねぇ。
私、いつも脳の検査の時、検査のせいで具合悪くなりそう
なのです…
お大事になさってくださいね!
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-20 07:32
ひとことひとことが地に足がついています。
大丈夫!しっかり山を乗り越えていけると思います。
Commented by antsuan at 2009-01-20 11:49
核磁気共鳴診断装置って、物理屋さんじゃないと分かんない凄い装置なんですが、あくまでもコンピューターによって作られた画像ですから、過信は禁物です。

食べ過ぎるなと云われても、美味しいものが沢山あるんだもん。
Commented by yukiwaa at 2009-01-20 15:03
peko(略してごめん)さん!
確かに面倒で、分かれば分かるだけ気も揉めますが、理由が分かる事で相手を理解できる事もあるので、夫婦でMRI撮りました。
此処何年か、兄弟が次々亡くなったり、寝たきりになったりを目のあたりにみてるものだから。

でも結局は「食と運動と睡眠」でしょうね。
料理好きなpekoさんだから、その点は大丈夫だと思いますよ。
Commented by yukiwaa at 2009-01-20 15:09
とこさん!お久しぶりです。
確かに最近の「医療制度」も分かり、ひとつの経験にもなりました。
共有できる「検査結果」・・それは病院のものではなくて個人のものだからと言う視点。
MRIクリニックといい、検査を主にしてる病院があるという事。それは機械が新しく性能が良いから、たの大きな病院も此処へMRIを撮りに来られるとか。
二人ともたいした事はなかったのですが、「主人のタバコ」は念を押すには良いチャンスでした。あとは彼個人の問題。
私は今までとおり、「野菜と魚中心の料理」をするだけです。それで病気になるなら“天の思し召し”と思うことにします。
Commented by yukiwaa at 2009-01-20 15:13
佐平次さん!!心強いお言葉有難うございます。
正月から機嫌が悪くて・・・ブログ書く気にもならず、いっそブログの題名「旦那の悪口」に変えようかと思うぐらい。。^^
溜まってましたが、少しこれで理解できました。
「しんどいんや!」想像以上に・・
年齢に勝てない時がきたんや!・・と。
Commented by yukiwaa at 2009-01-20 15:22
あんつぁんさん!そんな難しい名前なの?
4年前に撮って貰ったMRIはフイルムでした。私が見ても良く分からんかったですが、今回のはパソコン映像でした。すごくよく見えました。
過信は禁物ですが、これ(それ相応の摂生)で駄目なら諦めがつきます。

医者の無養生・・・・に近いものですね。
確かに我々は恵まれているんでしょうね。
あんつぁんさん!食べたいだけ食べたいけど、それを野菜中心にすれば大丈夫でしょうね。
今日はみずなのサラダ・小松菜のおひたし・おからの煮物・それに麦味噌の味噌汁~~~お腹いっぱい食べましたよん!
Commented by eaglei at 2009-01-24 07:02
またまた、yukiwaaさんの深い記事に、
考えさせられました。
健康は、最も大切ですね。
歩いて、過食しないで、仕事に励みます♪

山を乗り越えたら、素晴らしい風景が見渡せそうですね。
ご主人様と一緒に歩くyukiwaaさんが姿が麗しいと、
勝手に想像しています^^
Commented by yukiwaa at 2009-01-24 20:11
イーグルさん、皆が一度は通る道なのかと^~
楽しくないけど気をつけないといけませんね。

歩きましょうね。結構外は楽しいからーーいいですよん。